FC2ブログ

員弁川石 その12


今回は土坡的な員弁川石です。

DSCN0025_convert_20191109082747.jpg
員弁川石。 左右22㎝。

土坡的に見えますが、坡面は必ずしも平らではありません。とは言え全体的な雰囲気は土坡と言えるでしょう。

DSCN0028_convert_20191109082812.jpg
水濡れ画像。この石は水石としてそこそこ楽しめます。

ところで、一昨日のバンタム級決勝での井上尚弥VSノニト・ドニアの戦いは本当に凄かったですね。正に壮絶としか言いようのない打ち合いにハラハラドキドキの連続でした。これほどの試合は過去に見た記憶がありません。このトーナメントシリーズで井上は、二人の対戦相手を正味6分以内にKO、TKOで破っています。こんなに早く勝ってしまうと、観客は1秒当たりで随分高いお金を払った計算になると思います。けれども今回は、最後まで予断を許さない状況が続き、ようやく11回に井上のボディーが炸裂してカウント9まで行きました。このカウントはかなり遅いような気もしたのですが、それはさて置き、これが決定打となって井上の勝利となりました。この試合に関しては、入場料の3倍払っても惜しくないような試合だったのではないでしょうか?

井上は勝っても奢ることなく、ドニアとリング上で抱き合います。それも形だけでなく、心から互いの健闘を称え合っているようなすがすがしさを感じさせました。最強同士の激突だったからこそ、一般人にはわからないような気持の交流があったのだと思われます。この場面も含め最高のプロボクシングを堪能させてもらい、その余韻がまだ残っています。
スポンサーサイト



員弁川石 その11


今回も相当大きく水石として水盤に据えられない石となります。

DSCN0015_convert_20191106182808.jpg
員弁川石。お婆さんがお辞儀をしているように見えてしまいます。

DSCN0017_convert_20191106182947.jpg
左側の頭部分を倒すと、山水景的になってきます。

DSCN0021_convert_20191106183023.jpg
この据え方だと頂上部が溜りになり、下部が洞門的な雰囲気となります。

普段はこの形で庭に置いています。色がもっと濃ければいいのですが、残念です。

土坡石


今回は土坡石的な水石です。

DSCN0001_convert_20191028080418.jpg
産地は不詳です。左右27㎝。

薄青っぽい灰色の石です。一般的に土坡は坡面が平らになった景ですが、この石の場合平ではないので、土坡のように見える石と言うのが正しい表現になりそうです。

DSCN0004_convert_20191028080441.jpg
水濡れ画像。

昨日の南アVSウエールズの戦いは本当に凄かったですね。肉弾相打つ迫力に圧倒されてしまいました。決勝戦がどうなるかワクワクしてしまいます。

員弁川石 その10


また員弁川石に戻ります。

DSCN0797_convert_20191021081354.jpg
員弁川石。

一応の景はありますが、水石とするにはあまりにも大きすぎます。動かすのも面倒なので、庭に仮置きした状態のままとなっています。

ラグビーの南ア戦は前半なんとか行けそうな気もしましたが、後半は力尽きたようで残念でした。それでも、ここまでの大健闘は本当に素晴らしかった。8強まで進んだ栄誉を心からたたえたいと思います。
 

員弁川石 その9


ようやく少し涼しい季節となってきました。つい先日、ニューヨークが気温32度などとテレビで放送していましたので、気候の異常は日本以外でも顕著なようです。

DSCN0959_convert_20191007080857.jpg
員弁川石。左右24㎝。二か所に抜けがあります。

DSCN0963_convert_20191007081050.jpg
水濡れ画像。濡れても色は薄いようです。

そこそこジャクレもありますが、前面が基本的に平らなので、面白みに欠けます。

DSCN0961_convert_20191007080954.jpg
抜けの部分を拡大。
プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる