長谷寺周辺の建物探訪


長谷寺に至る前の門前町やお寺の周辺には趣のある建物が数多く残っていたので、何軒かを撮影しました。

IMG_1390_convert_20160206114532.jpg
こちらは新しそうです。

IMG_1305_convert_20160206114343.jpg
それほど古い時代のものではなさそうですが、黒塗りの壁に大きな虫籠窓が重厚な雰囲気を作り出しています。

IMG_1302_convert_20160206114255.jpg
三つ虫籠窓があり間口が広い。

IMG_1385_convert_20160206114448.jpg
いい雰囲気のお宅です。

IMG_1387_convert_20160206114620.jpg
奥行きの長さが半端ではありません。山の斜面まで敷地となっています。

IMG_1388_convert_20160206114724.jpg
立派な蔵が並んでいます。

IMG_1371_convert_20160206114814.jpg
オレンジ色の壁が見事なお宅です。画像の左は蔵となっていますが、写真に収め切れません。

IMG_1373_convert_20160206114852.jpg
蔵の部分を撮影。奥行きも相当ありそうです。

これらのお宅は奈良県ではごく普通のものなのでしょうが、以前住んでいた神奈川辺りだったらまず見られず、市や町の文化財に指定されるかもしれません。

スポンサーサイト

安八郡神戸町の建物探訪


大垣市から北に向かうと安八郡神戸町(ごうどちょう)に到ります。ここには日吉神社が鎮座しており、国指定の重要文化財・三重塔があるようなので立ち寄ってみます。ところが、途中の町並みもなかなか趣があったので、まずそちらをアップします。


神戸町と日吉神社の位置を示すグーグル地図画像。

IMG_0584_convert_20151108054230.jpg
日吉神社の鳥居と火の見櫓が並んでいます。

IMG_0583_convert_20151108054316.jpg
趣のある料理屋さん。白黒風でアップしました。

IMG_0586_convert_20151108054400.jpg
こちらも立派な商家建築です。

IMG_0626_convert_20151108054502.jpg
神社へと向かう通りの一本東の通りにある商家建築。こちらが神戸町のベストワンでしょうか?

IMG_0628_convert_20151108054559.jpg
袖壁の付いた建物が連続しています。歴史を感じさせる町並み景観です。

IMG_0629_convert_20151108054700.jpg
ズームしてもう一枚。

次回は日吉神社に向かいます。

大垣市の建物探訪 その3


今回は中断していた大垣市における建物探訪の続きです。

IMG_0721_convert_20151104131107.jpg
大型の商家建築です。

最初の回のうだつ建築と同じ通りにあります。実に立派な建物ですが、かなり傾いています。早急に対策をしなければ崩壊は免れないと思われます。

IMG_0760_convert_20151104131201.jpg
お寺の山門だけが残っているような雰囲気です。

IMG_0725_convert_20151104131250.jpg
二軒の商家建築に洋風建築が挟まれています。ちょっと面白い。

IMG_0724_convert_20151104131344.jpg
洋風建築を拡大します。

商家建築に挟まれて窮屈そうに見えますが、前面だけが洋風で背後は日本建築かもしれません。

IMG_0728_convert_20151104131430.jpg
こちらは水門川に沿って建っています。

三軒続きで連続性があるものの、隣のビルが雰囲気を壊しています。大垣は水の都とも称され、水門川周辺は景観も整備されています。次回は川の景観をアップする予定です。

多治見市の建物探訪 


多治見市の建物に関しては以前にアップしていますが、チェックすべき建物がもう一軒あり見てきました。料亭の川地屋です。現在はブライダル施設へと業態転換しています。どう転換するのであれ時代を感じさせる建物が保存されているのは喜ばしいことです。


場所を示すグーグル地図画像。

IMG_0854_convert_20151021101107.jpg
川地屋です。

IMG_0871_convert_20151021101308.jpg
外壁の色遣いが面白い。ちょっと竜宮風な感じもします。

IMG_0860_convert_20151021101145.jpg
少し撮影角度を変えました。

IMG_0862_convert_20151021101231.jpg
丸窓の意匠も面白い。

IMG_0869_convert_20151021101354.jpg
前とほとんど写真ですが…。

IMG_0867_convert_20151021101442.jpg
ほぼ全景を撮影。

多治見市は陶器で有名ですが、それ以外にもおいしい鰻のお店やケーキ店があります。今回は土岐川沿いの「うな千」に入り中丼(鰻が四切れ)を頼みました。ケーキ店ではシェ・シバタの本店やグランディールなどがあるので、次の機会には寄ってみたいと思っています。

大垣市の建物探訪 その2


次のうだつの上がった建物に向かいます。前回のうだつ建築からさほど遠い場所ではありません。趣のある水門川に沿って北に歩き、東に折れると柿羊羹のお店が見えてきます。


お店の位置を示すグーグル画像。つちや柿羊羹本舗です。

IMG_0752_convert_20151016111805.jpg
つちや柿羊羹本舗の建物。

一階屋根の上に看板が設置され、それを屋根で覆う構造となっています。このような形式の商家はあまり例がないと思われます。つちや柿羊羹本舗の創業は宝暦5年(1755年)ですから、260年もの歴史があることになります。

IMG_0750_convert_20151016111848.jpg
看板と屋根部分。

IMG_0751_convert_20151016111940.jpg
看板を拡大。画像サイズを大きくしています。

看板に槌谷とあります。それにしても看板上下の装飾がもの凄い。

IMG_0748_convert_20151016112021.jpg
うだつを横から撮影。

うだつの妻壁全体がそのまま地面にまで伸びています。

IMG_0746_convert_20151016112102.jpg
もう一方のうだつ。

お店の方にお聞きしたところ、建物は明治時代の建築で今から120年程度前のものとのことです。日本の商家建築なのにどことなくバロック的で、独特の雰囲気を持つ貴重な建物です。ぜひ長く保存していただきたいと思います。お店のホームページは以下となります。
http://www.kakiyokan.com/
プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる