土坡2題


写真は小品の土坡です。

土坡形石

石質は良いですが、山部が薄くやや後ろにそり気味なのが難点ですね。


この石は写真よりも実物の方が黒みがちに見えます。

土坡形石

なだらかな斜面の景を持つ石ですが、際立った特徴はありません。

酒匂川の場合、土坡タイプの石は比較的見つけやすいのですが、これぞ土坡という石は滅多にお目にかかれません。まあ土坡らしい、という所で満足するしかなさそうです。

スポンサーサイト

酒匂川石


酒匂川の段石シリーズも今回が一応最終回となります。(もちろん新たな段石を揚石できれば都度ご紹介しますが)では、下の写真をご覧ください。

酒匂川段石

この段石は本年早々に揚石したものです。ジャクレの入った石はほとんど起こされているような河原でしたが、この石は段部から下が砂に埋もれた状態であったため見逃され、奇跡的に私と巡り会えたのでしょう。いずれにせよ、今後これ以上の段石に出会うことはなさそうな良石です。

今回の段石は、今までご紹介してきた石とは異なる際立った特徴を備えています。
まず、石の段部は土坡部近くで茶色っぽく色が変わり、そのまま土坡に続いていきます。これは、段の一部分と土坡のおよそ半分程度が軟質部で肌目になっていることを示しています。ですから、ジャクレの項でご説明しましたように、土坡の肌目部分は乾きが遅く、まだ濡れ肌の状態となっています。
一般的な段石において段部、土坡部の間で石質の違いはないはずですが、この段石の場合はっきりした違いがあるのです。

またこの石は、段部と土坡部が割れて分離する数歩手前まで川擦れによる浸食が進んでおり、結果、段部と土坡部との段差が相当大きくなっています。加えて、軟質部がごっそり削られたせいで、土坡部の奥行きが減少し段部の後ろ半分の位置から伸びています。これも他では見られない特徴ですね。

この石は他の酒匂川石と違って、観賞していても飽きが来ません。その理由としては以下の点が挙げられると思います。

1. 段部にボリュームがあり、しかもやや前傾しているため圧迫感があること。
2. これに対して土坡の部分は段の後ろ半分から伸び出しており、後退感があること。
  加えて、土坡が入り江のように奥にえぐれていること。
3. 一方土坡全体でみると前面に向けて湾曲していること。

これら輪郭線の相反するような流れが、石に面白い視覚効果を与え、見飽きないようにさせているのです。

真上からの写真
真上からの写真です。ご説明してきた石の輪郭線がよくわかると思います。

さらに、石を見る視点や角度を変えると、土坡が大きく長くなり、あるいは短くなるように感じられます。また、石の斜め後ろ上から見下ろすと、ボリューム感のある段部が張り出して、そこから大きな落差のある下部に土坡の先端が見えます。このため、段部と土坡部が繋がっていないような印象さえ受けてしまいます。つまり石の特異な形状が視覚トリック的な効果を与えているのです。

斜め上より
斜め上方から撮影したものです。土坡が大きく見えませんか?

後ろ斜め上より
斜め後ろ上方から撮影したものです。写真では平面的になってしまいますが、
実物では、段差により段部と土坡部が繋がっていないと錯覚しそうです。

鑑賞する視点を変えるごとに異なった石相を見せる石は、数少ないと思われます。どの川の河原でも、きっとこのような石が私たちを待っている―と想像するのは大変楽しいことで、探石意欲を掻き立てられますね。

酒匂川石


このところ急に春めいて暖かくなってきました。我が家の梅も満開に近くなり、朝からメジロが二羽、三羽とやってきて盛んに花の蜜を吸っています。花を突っつかれると、落花が早くなってしまうのですが、野鳥たちの訪れも春の風情の一つだと思い、追っ払ったりせず好きにさせています。
紅梅

この梅は紅白に咲き分けるのでちょっとおめでたい気がします。
白梅

梅の花から下に目を落とすと、水溜り石の溜りの中に梅花が一輪浮かんでいました。
これは面白いと思い撮影したのですが、溜りが小さくて残念です。
水溜り石に梅花


さて、前回、前々回と水石とはやや距離のある話題が続きましたので、酒匂川石に戻ります。
写真の石は栢山(かやま)の報徳橋近くで揚石した段石です。
酒匂川石、段石

この段石には、今までのものとはまた異なった特徴があります。石は良く川擦れしており、石表面には小さくえぐれた部分が見られます。これをジャクレと言いますが、段石でジャクレの入ったものは少ないと思われます。そういう意味では貴重なのですが、段部が厚すぎ、かつその厚みが土坡の一部分まで覆っている感じで、やや重たい印象を与えています。加えて土坡の幅もかなり広く、ちょっとメタボな段石と言ったところでしょうか。

酒匂川石


寒さも和らぎ、写真のように我が家のやや遅咲きの梅もようやくほころび始めました。

梅の花


今回も酒匂川の段石ですが、一般的な段石とは少々形が異なるものをご紹介したいと思います。

酒匂川石、段石6


写真の段石は小品で、拡大写真がほぼ実物大です。この石は土坡部が薄く、従って段部からの落差もかなり大きくなっています。また、土坡の奥行きが段の奥行きよりも長く、土坡前面が段前面より手前に出ています。さらに段の後ろが浮き気味で頭を上げたように見え、これらから全体の印象になんとなく違和感のようなものが感じられます。
中流部でも大石がごろごろしている酒匂川では、このような石は土坡と段の境目で割れてしまいますので、よく割れずに残ったという意味では面白さも同時に感じさせます。

酒匂川石、段石7


この石は前の石とは正反対に、段部と土坡の落差が小さく、また段部、土坡部ともに腰高で段石と言うより断崖の景に見立てた方が適切かもしれません。さらに、土坡が手前に向けて湾曲し、しかも土坡の奥行きが段より大幅に長くなっています。
写真はある角度から一枚撮っただけのものなので、実際の石の姿・形をうまく表現しにくいのがじれったいですね。まあ、私の写真の腕の悪さを言い訳しているみたいですが(^_^;)。

水石の中ではもっとも単純な形のはずの段石でも、いろいろあって面白いとは思いませんか?

酒匂川石


今回も酒匂川石の段石です。段石ばかりでは“だんだん”飽きてくると思われるでしょうが、もう少し辛抱してお付き合いください。

酒匂川石、段石4


写真の段石は前回のものより石質、色ともにわずかながら勝っています。土坡面が先端に向けてやや上向きに見え、加えて腰高のようですが、これはもう少し深い水盤があれば調整可能でしょう。また、土坡部が段部に日本建築の木組みのようにはまって見えるのは、ちょっとおもしろそうです。
ただ、総じて石質、色ともに劣り、形の変化も乏しいため、味わいに欠けた見飽きやすい石になると思われます。総合得点が低めの段石と言ったところでしょうか。

酒匂川石、段石5


上の写真の段石は石質、色ともに良く、天端、土坡、底面のいずれもほぼ平らで悪くありません。しかし、段の前面部分が写真の見た目よりもっと斜め後ろ向きに振れており、結果、段の土坡に面したラインも土坡に対してかなり斜めになっています。少し斜めになっているだけなら、却って景に奥行きが出ていいのですが、角度がやや大きいのは何とも惜しいところですね。

まあこのように、段石は単純な形と言っても、なかなか私たちの思い通りにはなりません。
加えて、河原で手に取った感じは悪くなかったのに、いざ家で水盤に据えてみると、最初の印象よりかなり格落ちしているケースもしばしばあります。水石って一筋縄ではいきませんね。でも、だからどんどん挑戦してみたい気になるのです。
プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる