庄内川石 その29


山形石の真黒を探しましたが、写真程度の石しかありませんでした。

012_convert_20130301091020.jpg
庄内川石。左右14cm。

一応山形となっています。問題は、石に厚みがないことです。これではまるで、芝居の書き割みたいです。

011_convert_20130301090957.jpg
拡大画像。

041_convert_20130301091212.jpg
河原に残してきた石。

写真で見る限りは坡面が平で、良さそうな段石です。しかし、底面が傾斜しており、加えて前半分程度は浮いています。段部にも難があり持ち帰りませんでした。この写真のまま置いてきたので、誰かが持ち帰るかもしれません。

014_convert_20130302081205.jpg
石灰質の石。

この石はもっと以前に揚げたものですが、どうも気に入らず放置していたものです。気に入らない理由は、石なのに有機物のように感じられることです。ずんぐりしたイモムシのような形状とイモムシの肌のような石肌から、出来損ないのモスラが連想されました。水濡れさせるとぬらぬら感が一層際立ちます。ある意味では変わった石と言えるので、ここにアップした次第…。

スポンサーサイト

庄内川石 その28


庄内川で初めて珪化木(けいかぼく)を見つけました。昨今の庄内川では珪化木もなかなか出ないようなので、その意味では貴重です。もちろん水石にはならず、鉱物採集趣味の方が持たれた方が良さそうな石ではありますが…。

006_convert_20130301090855.jpg
珪化木です。高さ8㎝。

007_convert_20130301090917.jpg
拡大画像。

008_convert_20130301090936.jpg
反対側を撮影。

珪化木特有の黒っぽい部分も少しあります。珪化木発見が土岐の碧玉発見に繋がることを期待しています。天気もようやく暖かくなっており、歴史探索や探石には適した時期が到来しました。しかし問題もあります。これからの季節、中国から黄砂に付着したPM2.5が飛来することです。

天気が幾ら良くても、PM2.5入り黄砂が降る中での探石は二の足を踏みたくなります。お隣の国が発生源となる毒大気のせいでこちらの行動が束縛されるなど、絶対に容認できることではありません。(もちろん日本国内でもPM2.5は発生しています)でも、対策はあるはずです。全ての排煙設備にフィルター設置を義務付けるのです。資金の問題があるなら、国が軍事費を大幅削減して補助すればいいのではないでしょうか?

砂漠は北京の間近まで迫っています。このままでは、首都も砂漠に飲みこまれ海岸に至るまで砂漠になるでしょう。そうなったら汚染物質はより多く日本に押し寄せます。日本政府は中国政府に対して強硬に抜本的対策を要求すべきと思います。

もちろん、黄砂やPM2.5だけでなく、大陸から海を渡って押し寄せる漂流物も被害総額を計算して公表し、損害賠償を請求すべきです。

庄内川石 その27


庄内川で妙な石を揚げました。どのような質のものか不明です。

005_convert_20130301090829.jpg
庄内川石。左右12cmの小品です。

石の大きさの割に重量があり、揚げたばかりの石であるにもかかわらず長年持ち込んで時代が乗っているように見えます。表面が鉄錆とすればもっと茶色っぽい感じになるはずで、この点も良くわかりません。

004_convert_20130301090801.jpg
拡大画像。

ひょっとしたら隕石かとも思い磁石を付けてみましたが、くっつきません。まあ、比重の大きな石とするしかなさそうです。

庄内川石 その26


今回はちょっと変わった形の石です。

001_convert_20130214193328.jpg
庄内川石。左右18㎝。

石の種類としては虎石のように見受けられます。しかし、縞の部分が乱れている上に、背面側がもっこりとしているので実にへんてこな形となっています。それが面白くて持ち帰ったのですが…。

002_convert_20130214193358.jpg
拡大画像。

鉄錆が付着しており、茶色っぽく見えます。まあ、時代が乗っているとでもしておきましょう。

009_convert_20130214193436.jpg
さらに拡大。

011_convert_20130214193458.jpg
最大限拡大。

庄内川石 その25


前回はちょっと顰蹙ものかもしれない石だったので、今回は普通の山水景情石です。

012_convert_20130209083423.jpg
庄内川石です。左右20cm。

山形と土坡の中間のような石です。この石の問題は質が悪いことです。なので、水濡れさせる必要があります。

015_convert_20130209083447.jpg
水濡れさせてもう一枚。形はまずまずなので、かろうじて見られると言った程度でしょうか?

そろそろ歴史の謎探索にも入りたいのですが、まだ寒すぎますね。早く春になって欲しいと思います。
プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる