FC2ブログ

鎌倉の谷戸を巡る その20


今回は長谷方面です。これも実は極楽寺周辺を訪問した際に行ったものです。鎌倉は狭いので、一回であちこち違ったエリアを見られるというメリットがあります。
最寄り駅は江ノ電長谷駅。鎌倉文学館(旧前田別邸)を目指します。このルートは谷戸巡りというより建物探訪とした方が適切かもしれません。由比ヶ浜大通りに沿って、出桁造りの古い民家が5~6棟見られますし、洋館建築も鎌倉文学館を含め3棟ほど現存しているからです。ただ、車が頻繁に通りますので、通り沿いの家を写真に収めるのは至難の業と言えましょう。

050_convert_20100701151125.jpg
由比ヶ浜大通りにある安齋商店です。

051_convert_20100701151305.jpg
解説板。

055_convert_20100701151504.jpg
加賀谷邸です。

057_convert_20100701151623.jpg
解説板。

059_convert_20100701151732.jpg
長谷子供会館です。

子供会館に関し神奈川県のホームページより抜粋。

明治41年に建てられた東京日本橋の実業家、福島浪蔵の別荘。大正10年頃から二代目諸戸清六の所有するところとなる(秦野に山林をつくった三重県桑名出身の豪商は初代の諸戸清六)。それ以後、この洋館は「諸戸の洋館」と呼びならわされて来た。外観は18世紀のイギリスの建築家アダム兄弟に因むアダム様式(イギリスのロココに相当)を思わせるほど華麗。円柱の柱身とアーキトレーヴ(柱の上の水平材)に施された花模様、アーキトレーヴの上のフリーズに付けられた円形飾り(バテーラ)窓台の下の沼巻き模様(コンソール)、ドアの額縁の花綱飾り、そしてレース状細工のバルコニーの手すりである。明治の華やかさと優雅さを如実に示す。

なお桑名には豪壮な旧諸戸邸があり、一見の価値があります。ついでに、少々お高いですが、料亭の船津屋で桑名の蛤などご賞味されるといいですね。ここの蛤の食感は他では味わえません。

鎌倉文学館の敷地に入ります。

087_convert_20100701152136.jpg
解説板です。

090_convert_20100701151908.jpg
副門です。

088_convert_20100701152022.jpg
久しぶりの隧道です。なかなか良いですねえ~。

アプローチを覆うように木が茂り、吹き抜ける風は涼やかで、流れる汗も引いていきます。

067_convert_20100701152503.jpg
車寄せ。

073_convert_20100701152819.jpg
外観。

085_convert_20100701152307.jpg
位置を変えてもう一枚。

鎌倉文学館は鎌倉で最も有名な洋館で、14世紀の英国チューダ様式を模したハーフティンバーの建物です。

ハーフティンバー:木造骨組を外部に出し、骨組みの間を石やレンガで埋めています。その様式から、木骨様式、とも呼ばれています。

テラスに出て椅子に腰をかけ海を眺めます。

069_convert_20100701152639.jpg
テラスからの眺望。

ちょっと三島由紀夫になった気分です。ここは彼の著作『春の雪』の207ページにおいて、終南別業として、極めて緻密な文学的表現で描写されています。広大な芝生の庭が建物前面に広がっていますが、山に囲まれた谷戸に立地するせいか、あるいは庭全体が前に向かって傾斜しているせいか、視界に狭さを感じさせます。また視線の先にはマンションと思しき建物が数棟立ち並び、海の景観を損ねています。三島の時代とは違っていますね。

            -鎌倉の谷戸を巡る その21に続く-
スポンサーサイト



プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる