FC2ブログ

ベネチアンガラス

未分類
07 /16 2010

ベニスで購入したガラス器です。

012_convert_20100706130241.jpg

いわゆるミルフィオリ(千の花)と呼ばれる技法が用いられています。深く澄んだ青に紋様がはめ込まれたところは根尾産の孔雀石を想起させますし、形は抹茶茶碗のようで、日本的な視点からも見られそうに思い購入したものです。ただ器が薄すぎるせいか、上部の紋様が流れている点は残念です。

酔石亭主が最初にベニスに行ったのは20代の頃ですが、海に浮かぶ蜃気楼が具現化したような中世の街の佇まいには驚かされました。角を曲がるごとに異なる光景が次々に現れて、最後には自分がどこにいるのかさえわからなくなる感覚―さながら迷宮の中をさまよい歩くような感覚―は日本では味わえません。これで仮面カーニバルの時期にでも行ったなら、異世界、幻想世界に足を踏み入れたような感覚がさらに強まることでしょう。
スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!