FC2ブログ

秦氏の謎を解く その10


今日は聖櫃がなぜ平安京に移されたのかを見ていきます。

桓武天皇による長岡京の造営が急ピッチで進んでいた頃、伊勢神宮は焼失しました。延暦10年(791年)、盗賊の群れが押し入って火をかけたのです。本来絶対にあり得ない事態ですが、伊勢周辺の霊力低下が甚だしかったのでしょう。しかもその回復には予想以上の年月が必要でした。

伊勢地域全体の危機的な状況に不安を抱いた秦氏は、聖櫃を移さざるを得ませんでした。しかし長岡京では守りがあまりにも薄い。それで事前に霊的設計も整えられ、自分たちの本拠がある山城の葛野郡に遷都させ、急きょ聖櫃を移したのです。

桓武天皇は長岡京を突如廃し、翌延歴11年1月より直ちに平安京遷都計画を発足させたので、後世の歴史家はあまりにも不可解として困惑していますが……、天皇が遷都を断行した裏の事情を考慮すると、不可解ではなく、当然のことになります。

そして、遷都に当たっての調査・造営長官は大納言藤原小黒麻呂ですが、妻は秦嶋麻呂の娘であり、彼の息子葛野麻呂の夫人は秦氏です。また長岡京の遷都を推進した藤原種継の母は、秦朝元の娘です。長岡京と平安京遷都に当たっての表向きの関係者は藤原氏ですが、裏で秦氏が主導した出来レースだったのです。

秦氏は天皇に平安京遷都を実行させ、都の監視体制のレベルを引き上げました。桓武が、自分の都合だけで皇太子を変える勝手な天皇で、安心できなかったからです。秦氏にしてみれば桓武天皇がどうなろうとさほど問題はありません。けれど天皇が見境なくなって、封印した聖櫃の秘密が表沙汰になるのは困ります。

一方天皇は怨霊が恐ろしくてたまらない。秦氏はそこをうまく利用しました。天皇には、早良親王の怨霊や魑魅魍魎から王城を守護するためと説明して、既にある仕掛けを一層強化したのです。このため結界の重要なポイントに配置されたのは、全て秦氏に協力するメンバーとなってしまいました。

さて、以上で平安京の謎は解けたのでしょうか?

謎はまだ解けていないはずです。聖櫃が平安京のどこに納められたのかを特定できなければ、上記した考え方も無意味になるでしょう。

ではここで、秦氏が創建した松尾大社、伏見稲荷大社と、秦氏の影響下にある下鴨神社を線で結んで下さい。正三角形になりますね。次に、その中心点を求めて下さい。壬生寺がぴったり三角形の中心にきます。ここは新撰組で有名なお寺ですが、壬生寺こそが聖櫃を納めた場所となります。(位置を示すグーグル地図画像は次回で掲載します)

でも聖櫃がこの寺に納められた理由と筋道が、まだはっきりしません。また、こんな場所では聖櫃も簡単に暴かれてしまうのではないでしょうか?

もちろん秦氏に抜かりはありません。それを防ぐため、宗源火という妖怪が出るように仕組んだのです。これは鬼火の一種と考えればいいでしょう。しかも二重三重の霊的磁場が設けられていますから、誰も近寄れないのです。

秦氏にとって壬生寺は、重要で思想的意味のある場所のはずです。壬生(みぶ)は氏族の名で、正しくは壬部。壬は乳を意味するから、壬生は乳部(にゅうぶ)となります。乳部は天皇が幼少の頃のお守り役。特に上宮王家(聖徳太子一族)の資養にあたった部民とされています。

また、乳部(にゅうぶ)は丹生(にゅう)でもあります。『丹』は赤い鳥居の形を示し、その字義は辰砂の赤い色です。大物主の伝承に出てくる丹塗矢も赤く塗られた矢ですね。

そして死と再生を象徴する金属が、丹生の地で採れる辰砂から精製された水銀です。水銀のことを丹生と言うのには、ちゃんとした意味があります。丹生の文字は誕生と読めるのです。丹生はまたNEWでもあります。私たち日本人は、聖櫃を秘匿した呪縛から解かれ、新たに(new=丹生)、誕生(=丹生)するのです。

このように、秦氏の死と再生の意味を込めた壬生は、彼らの中核思想を体現している場とは思われませんか?これらから聖櫃は壬生寺に秘匿されたと推定できるのです。ちなみに、摩多羅神を勧請した慈覚大師円仁は下野国壬生出身の壬生氏であり、壬生は瓢箪の一種干瓢の産地でもあります。聖櫃に関連して不思議な絡み合いが見られますね。

壬生寺が秦氏の神社を結んだ中心にあり、その場所が彼らの中核思想を表現しているにしても、今一つ具体性に乏しいと思われます。この点は次回で詳しく見ていきましょう。

              ―秦氏の謎を解く その11に続く―
スポンサーサイト



プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる