FC2ブログ

違和感を覚える光景


昨日見たのはかつてないほど強烈な違和感を覚えた光景でした。地検が「我が国の国民への影響や今後の日中関係を考慮し」、それを政府が「地検の判断なので了とする」と語ったのです。地検は捜査機関であり政治的配慮を判断の前面に出すべきでなく、政治的判断をすべき政府が地検の判断を了とするなどと言うべきではありません。

誰が見ても考えられない対応ですが、日本はいつから国家の主体が存在しない国になってしまったのでしょう?国が機能不全に陥ったら、国民の安全は守れなくなります。

目先の利益を考えれば、中国への依存を強めている日本経済への悪影響を避ける方が、船長を拘束し続けるよりもベターな選択に映ります。尖閣諸島周辺には膨大なオイルが埋蔵されている点も、開発コストがとても見合わないので、ここで引いても海洋権益に影響はないと言えるかもしれません。

しかし、「蟻の穴から堤も崩れる」という言葉があります。これは、「小さな誤りや油断が元で大失敗を引き起こすこと」を意味し、中国の「韓非子・喩老」に基づいています。尖閣諸島に開いた小さな穴は、将来の巨大な災いを招く第一歩になりかねません。

恐竜が絶滅する前に喰われないよう注意が必要と前回書いたのに、もう指を齧られてしまったのでは、記事の繋ぎようもないですね。今後中国漁船や監視船あるいは軍艦が尖閣諸島周辺に現れたら、海保や自衛隊はどう対応すればいいのでしょう?現場の一線で苦労されている皆さんの士気が下がらないことを祈ります。

今回はっきりしたことは、日本の隣人は恐喝国家だと言うことです。その事実を世界に知らしめたのは(伴う犠牲が大きすぎますが)、マイナスではないでしょう。某前首相の東アジア共同体がいかに幻想にすぎないものかもはっきりしました。

甘い果実には毒があるのです。中国の需要がいかに大きいからと言って、安易に入れ込むと、何かあれば必ず資産凍結など経済的な手段で首を絞めてくるでしょう。その場合の実害は測り知れません。彼らにとって、日本の首を絞めるのに、世界の非難を浴びる軍事的手段は必要ないのです。

経済界においても、メリットとリスクを冷静に判断して今後の隣人との付き合い方を考えるべきでしょう。少なくとも資源で首根っこを押さえられないよう、レアアースなしで同等以上の機能を持つ材料開発、他の場所での資源開発を国家プロジェクトとして早急に進めるべきと思います。

危険な隣人とどう付き合うのか、総合的な国家戦略を早急に立て、二度とこのような問題が起きないよう政府に対し求めたいと思います。

酔石亭主のブログは基本的に政治ネタを取り上げるものではないのですが、今回は書かざるを得ませんでした。

スポンサーサイト



プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる