FC2ブログ

鎌倉の谷戸を巡る その25


法性寺奥之院の敷地内には鳥居があり、扁額には山王権現と彫られています。

006_convert_20101004081608.jpg
鳥居。

鳥居を潜り急な石段を登ると、左手の山の上に謎めいた洋館が見えてきます。

035_convert_20101003151653.jpg
洋館です。木立に囲まれ、場所柄もあって怪しげな雰囲気が漂っています。

実際にお住まいのようで別に謎でも怪しげでもないのですが、三十数年前曼荼羅堂に行った際も確かあったと思います。日本において山の上の一軒家は珍しいですね。

004_convert_20101004081453.jpg
山王権現山頂からの眺望。霞んでいます。

奥之院に戻りお寺の墓地に向かいましょう。墓地の一角からは大切岸(おおきりぎし)が見渡せます。ここは日蓮上人の縁起にちなみ、お猿畠とも呼ばれ、猫の額ほどの段々畑もあります。一帯は鳥の鳴き声だけが耳に届き、まるで閉じられた別世界のよう。段々畑に至る道は見えず、耕作される方は、どうやってここに来るのかちょっと不思議な気もします。

007_convert_20101004081718.jpg
大切岸。

大切岸は鎌倉の防御遺構とされていますが、単なる石切り場と言う説もありこれが何なのかいまだに定まってはいません。ただ、石切り場なら平地に近い場所が幾らでもあるはずで、わざわざ山の尾根に近いところから切り出す必要性はないと思われます。とすれば、やはり防御遺構ということでしょうか。造られた目的が何であれ、大切岸は一見の価値がある場所と言えるでしょう。切岸に関しては以下Wikipediaより引用します。

切岸(きりぎし)とは、斜面を削って人工的に断崖とした構造で、斜面を通しての敵の侵入を防ぐために作られた。鎌倉時代から戦国時代にかけて造られた城、特に山城の周囲に多く、また鎌倉の周囲の丘陵斜面にも作られた。


墓地から名越切通しへは山道となります。途中にこんな岩窟が……。

029_convert_20101004082602.jpg
岩窟。

やぐらにしては縦長で明るい造りになっています。これが日蓮の隠れた岩窟かもしれません。

027_convert_20101004082422.jpg
山を人工的に切り落としています。切岸の造りかけのようにも思えます。

山道を上がると洋館の脇に出て、名越の切通しへと続いています。

016_convert_20101004081907.jpg
名越切通し。

道を遮るように大きな石が置かれています。人工的に置いたのか、あるいは道をつける際に出てきた自然石なのか、議論の分かれるところではあります。

019_convert_20101004082018.jpg
もう一枚。

近くには曼荼羅堂跡もあります。曼荼羅堂へは以前に行ったことがありますが、現在は非公開となっていて中に入れません。ここも異界的な別世界で、アジサイや花菖蒲の咲く頃は極楽のような美しい光景が広がっています。でもそれらは本来、生きている私たちのためのものではありません。咲き乱れる花々は、恨みや未練を残してこの世を去った死者たちの御魂を慰めるために植えられているのです。

などと思いつつ、洋館の脇に戻り大切岸方面に向かうとすぐ、山の上に二つの石廟が置かれています。市指定の文化財で、神社の石祠と異なり、異様に大きなサイズです。誰のものかは全く不明。

020_convert_20101004082136.jpg
石廟。これは大きい方の石廟です。

石廟の先は大切岸の上に出るのですが、逗子の眺望が見事です。ただ視界がやや霞んでおり、ご紹介できるような写真は撮れずじまいでした。大切岸の上は狭い尾根道になっています。

026_convert_20101004082312.jpg
大切岸上の尾根道。写真左側が大切岸の絶壁です。


大きな地図で見る
グーグル画像です。

画像下の小坪トンネルを抜ける道路が311号線で、法性寺へは画像下の端辺りで左折して横須賀線を渡り、渡ったと同時に左折して寺の谷戸に入ります。法性寺本堂と書かれた上の薄茶色の場所が大切岸で、妙行寺と書かれた辺りに洋館があり、妙行寺の左側の画像端に見える建物が火葬場です。詳細は画像を拡大してご覧ください。なお妙行寺とは終戦後小山白哲老師が曼荼羅堂跡に建てたお寺のことです。

今日の予定を終了し、車に乗って帰ります。小坪トンネルに入ると、トンネルの中を若い女性がこちらに向かい一人で歩いていました。随分勇気がある方だと思ってもう一度見ると…、おや、女性の姿が見えません。幽霊に出会ってしまったと思いましたが、車は前に進んでいるのですから見えなくなるのは当然です。

名越は、遠い過去から現在に至るまで葬送の地であり続けています。夥しい死者の印象が土地に刻印され、それが連綿と現在まで続き、名越に火葬場が建設されたのでしょう。この土地に幽霊情報が多いのは、敏感な方が土地に刻印された死者の情報を感知し、それが幽霊の形を取って見えたからだと思います。その方面の感度が鈍い酔石亭主では、見たくても見えませんが……。

帰りは若宮大路から由比ヶ浜に出て、海岸線を走りました。重苦しい雰囲気の漂う名越周辺と比較して、空と海のあまりの明るさに戸惑いも覚えます。けれども、由比ヶ浜も駐車場建設の際は、夥しい数の人骨が出土したそうです。以下Wikipediaより引用します。

1953年、鎌倉簡易裁判所用地で大量の人骨が発見され、1955年まで調査が行われ、900体以上の人骨が発見された。これらの人骨はほとんどが青年壮年の男性のもので、年齢や性別に関係なく戦いのものと思われる刀創・刺創・打撲創が散見された。また一部の骨には動物にかじられた痕跡もあり、また経文らしき漢字が墨書された頭骨もあった。これらによって新田義貞による掃討作戦の後に、死体が放置され、それを野犬化した闘犬により肉を荒らされた、またそれを僧侶が埋葬した、という事実が浮かび上がる。
また、最近では由比ガ浜地下駐車場を建設する際の調査で3000~4000体の人骨が発見された(由比ガ浜南遺跡)。由比ヶ浜は庶民の遺体放置の場ではあったが、この中には鎌倉での戦いにおける戦死者の骨もあるものと見られる。


滑川の河口付近は特に多く遺棄されたようです。そこまで考えてあれっ、と思ったのですが、滑川という名前には骨が含まれています。ひょっとしたら、この川の名は無数の人骨にちなんでいるのかもしれません。若者たちが遊ぶ明るい鎌倉の海ですが、その背後には無数の死者が重層している事実を忘れてはならないでしょう。

            ―鎌倉の谷戸を巡る その26に続く―
スポンサーサイト



プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる