FC2ブログ

中国漁船衝突ビデオ流出!!

日々の雑感
11 /05 2010

朝から衝撃的なニュースが飛び込んできました。中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した映像が動画サイトに流出し、その映像がテレビで放映されたのです。漁船が意図的に衝突してきたのは明らかですが、ここではその問題に触れません。どのような経路で流出があったのかを考えてみたいと思います。

1. パソコンに保存されていた映像に外部から違法アクセスがあって流出した:
このケースの場合政府など関係機関の危機管理の問題となります。公安の捜査情報流出など考えるとあり得るケースです。

2. ビデオは海上保安庁、検察庁、国土交通省、政府・官邸などが関与しているのでその中の誰かが意図的に流出させた:
義憤に駆られた誰かが流出させたとして、その気持ちは十分すぎるほどわかります。また、明らかに中国側に非があるのに、一般公開しない政府の方針も疑問です。しかしだからと言って、公務員がその情報を流出させることは大問題ですし、危機管理上も問題となります。

3. 公開への圧力が高まっているので、ガス抜きに官邸サイドが意図して流出させた:
権謀術数渦巻く政治の世界では何があっても不思議ではありませんが、このケースの場合は相当な策謀です。那覇地検に全てを押し付けた官邸のやり方を見ると、このケースがゼロとは思えないのですが、いかがなものでしょう?この場合犯人が出ることはありません。

4. 中国側と日本側が秘密裏にこの取り扱いを協議し動画サイト流出で幕引きを図った:
流出映像であれば加工されたインチキビデオだと中国側は言い張れますし、日本側は例のごとく曖昧に調査中だからということで引き延ばし、結局犯人は見つからなかったということで幕を引けます。また、映像を見せるべきだとの世論の圧力はかわせますし、ガス抜きもできます。この場合も犯人は出ません。

それにしても、民主党政権になってからは立て続けにびっくり仰天のことばかりが起きるように感じられるのですが、そう思うのは酔石亭主だけなのでしょうか?

スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!