FC2ブログ

安倍川石


きりっと青く澄み渡った空。酔石亭主が一番好きな季節です。まだ初々しかった学生時代、友人と夜行列車に乗って小渕沢に向かいました。空が白んでくると、甲斐駒ケ岳を始めとする南アルプスの山々がモルゲンロートに染まっていきます。その、あまりの美しさに息を飲みましたが、小海線に乗り換えるとさらに素晴らしい光景が待っていました。

八ヶ岳を背景に色づいた木々が神々しいほどの輝きを放ち、秩父側も負けじとばかりの絶景が続きます。信濃川上駅で列車を降り、男山と天狗山に向けて歩き始めました。若いので疲れもなく山頂に立てば、どこまでも青く澄み切って、視界を遮るもののない見事な眺望に声も出ません。山の楽しさを満喫した一日でした。異常透明と呼ばれる青空の下で、あれほど見事な紅葉と山々の姿を見たことは、それ以降絶えてありません。異常透明に関しては以下Wikipediaより引用します。

異常透明(いじょうとうめい)とは、大気が非常に澄んでいて見通しが良く、50km以上離れた物体までもがはっきりと見えている状態。


さて、安倍川石探石結果も今回で最後となります。

118_convert_20101020181840.jpg
写真は藁科川の一般的な水石です。

石質がやや粗く、薄手の石ですが一応水石としての景は有しています。ところで、安倍川石と言えば静岳石は外せません。しかしこの石は基本的に山から掘り出す石なので、短い時間で用意もなく探石するのは不可能です。そこで、昔購入した静岳石をご紹介します。

011_convert_20101030164035.jpg
静岳石です。

鋭い岩峰が突き出した剣岳のような姿が特徴的です。こんな石を探石できたら天にも昇る心地になるのでしょうが、現在ではほぼ不可能ですね。

別の記事が次々に割り込んでくるので、東海の秦氏と探石結果のご紹介が遅れ気味です。シリーズ次回は静岡市内の秦氏に戻ります。

スポンサーサイト



プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる