FC2ブログ

北朝鮮の暴発

日々の雑感
11 /24 2010

とうとう北朝鮮が暴発しました。韓国の島に向けて野戦砲を発射して、民間人にまで負傷者が出ています。以前の記事「悪しき隣人たちに思うこと」(10月11日)において、短期的に見ても、北朝鮮において金正恩への権力移譲がスムーズに進むとは限らず、場合によっては内部の政治的混乱で大量の難民が発生するか、それ以前に軍部の暴発があることも予想されます。と書きましたが、それが一ヶ月ちょっとで現実のものとなったのです。

現段階では多くの方が、大変な事件ではあるが、内心まだ対岸の火事だと思っておられるのではないでしょうか?しかしこれは、決して対岸の火事などではないと思います。北朝鮮の立場で見ると、韓国と全面戦争になった場合、何しろ陸続きですし、米軍も参戦してくるので、壊滅的な損害を蒙るリスクが極めて高くなります。

その場合彼らはどんな行動を取るでしょうか?最もリスクが低く、最も効果的な攻撃相手、それが日本だと思わないでしょうか?ルーピー氏の迷走・妄言で壊れた米国との関係、尖閣での日本外交の弱腰を見た北朝鮮は、日本にミサイルを撃ち込んでも、反撃されることはないと踏む可能性があるのです。

ルーピー外交の負の結実が日本に向けられるミサイルであるとしたら、これほどの悲劇はありません。一つの発言一つの行動が、世界に波及してどんな結果を生むのか、今ほど事前の熟慮が必要な時期はないと思います。柳田前法務大臣に見られるような浅はかな発言も、日本の威信を著しく傷つけていると思い知るべきです。

日本の外交は常に、何かが起きてから準備もないまま対応しています。何かが起きる前に、予測を立て、起きないように手配りをする、起きてしまった場合には事前のシミュレーション通り、直ちに行動を起こす、それが外交の常識ではないでしょうか?

何かが起きてから対応するのでは、後手後手となり遅すぎるのです。常在戦場の心構えで仕事をすることができない議員や官僚は、今の日本に必要ありません。常に最悪のケースを想定して、その場合でも速やかに対処できる体制を早く構築してほしいと思います。

今回の暴発が北朝鮮崩壊の序曲になるのか、日本に深刻な被害を及ぼすのか、今の段階では何とも言えませんが、備えあれば憂いなしという先人の言葉を、日本の指導者は改めて噛みしめて頂きたいと思います。

スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!