FC2ブログ

酒匂川石

水石
12 /13 2010

前回に続いて先日の探石結果です。

062_convert_20101205150325.jpg
酒匂川石の島形です。

色は黒っぽいのですが、奥に引っ込んだような黒で、灌水しないと薄ぼんやりした石に見えてしまいます。酒匂川石の欠点が出ていると言っていいでしょう。手前に入り江もあり多少の変化も感じられますが、酔石亭主には大人しすぎる石に見えてしまいます。もっと変化に富んだ動きのある石が欲しいところですね。

では、この石の色を他の石と比較してみましょう。

007_convert_20101205150413.jpg
酒匂川で拾った小品の溜りです。

左右6cm程度しかない小溜りで、真っ黒い色がはっきり出ています。このため、水濡れさせる必要もなく、色という面では島形の石とは大違いです。しかし、ちょっと待ってください。酒匂川石にこのような黒さの石はありません。では、どう考えればいいのでしょう。唯一考えられるのは、この石は酒匂川産ではないということです。酒匂川で拾ったのに酒匂川産ではないなど矛盾した言い方になりますが、実はこのようなケースはしばしば見られます。

誰かが自分の石を川に返し、その中に酒匂川石ではない他産地の石が混じっていた、というのが最も考えられる筋書きです。この石は堤防の真下にあり、他にも時代が乗った見られそうな石がありましたので、そう考えて95%間違いないと思われます。誰かが川に返した石を誰かが持ち帰る。捨てる神あれば拾う神ありですね。

久しぶりに野鳥がきました。

023_convert_20101205150006.jpg
メジロです。

今年はなぜか野鳥の訪れが少ないようです。我が家は南天、千両、万両などの実物があり、蝋梅、白侘助、紅侘助、サザンカなども咲いていますので、餌が少なくなりつつあるこれからは、もっと野鳥がやってくると期待しています。
スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!