FC2ブログ

日本国の将来を考える その4


このまま書き続けていくと、ルーピー妄言録ができてしまいそうです。実際にブログで書いておられる方もいます。過去の歴史と違って現在進行形に近い内容ですから、ほとんどの方はご存知のことでしょう。にもかかわらずあえて記事にしているのは、民主党がルーピー政権時代の問題点の総括をしていないので、代わって総括をしているということです。同氏の妄言に関して幾つか例を挙げます。

日本列島は日本人だけの所有物ではない。 (国家観、安全保障観の完璧な欠如です。とても聞いていられません。ルーピーの財産はルーピーだけの所有物ではないと言われたら、彼はどうするつもりでしょう?)

恵まれた家庭に育ったから、自分自身の資産管理が極めてずさんだった。 (恵まれた家庭に育ったことと、資産管理がずさんなのは全く関係ありません。本人が単に無能だっただけのこと。というか実際には知っていて隠していたが、露見したので知らなかったと言い逃れしたのが事実関係でしょうから極めて悪質です。ずっと以前に贈与ないしは相続された株その他の資産についても、まず間違いなく税金は払っていないでしょう)

税金を払っていなかったこと自体、全く知らなかった。 (税金の支払いは政治の問題ではなく、純然たる個人の問題。それすらも知らない、できないというのでは、政治家として以前に、日本人としての資格さえ疑われるところです)

私は愚かな総理かもしれない。 (間違いなく愚かです。あろうことか過去に将軍様が国防委員会委員長に推戴されたことを記念する祝賀宴に参加しているのですから。また巨大詐欺集団である統一教会のパーティーにも出席しています。塩野七生氏はルーピー政権について日本の悪夢だと述べていました)

国民が聞く耳を持たなくなった。 (ルーピー氏が退陣の弁を述べる際出た言葉です。無責任で支離滅裂な言動をあれだけ繰り返せば、国民から見放されるのは当然なのに、それを国民に責任転嫁するような口ぶりです。彼は最後の最後まで自分の妄念の中だけで政治をして、物事を正しく見られないことがはっきりわかる事例です)

まだ山ほどありますが、これでやめておきましょう。

民主党は右から左まで寄せ集めと書きましたが、左的な政策にかなり問題があります。例えば外国人の地方参政権の問題、人権侵害救済法案、朝鮮学校無償化問題などです。既に多くの方がネット上で問題点を指摘していますので細かく書きませんが、いずれも日本の国家主権を脅かす危険な考え方です。もちろん様々な政治信条を持つことは個人の自由です。しかし国を担う立場になった場合、国益と国民の立場に立たなければならないことは自明の理です。そこをはき違えるからおかしなことになるのでしょう。

こうした問題の背景には、反日的、売国的議員の存在があります。例えば韓国で反日デモに参加した岡崎トミ子議員、前回選挙で落選した千葉景子などがその代表で、彼らが国家公安委員長や、法務大臣など国家の安全と治安を担う職務に就任したのですから驚きです。国益を損ねる可能性のある人物を治安の重要閣僚に据える民主党の体質・感覚は、ルーピー問題に劣らぬ大問題と言えるでしょう。またそうした議員の背後に何があるのかも注視する必要があります。

             ―日本国の将来を考える その5に続く―

スポンサーサイト



プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる