FC2ブログ

湘南海岸石


このところ湘南海岸での探石が盛んなようです。通販のお店のホームページを見ると10cmに満たない石が掲載されており、5万円で売却済みとなっていました。そんな石を拾えたらいいなと思い、女房殿の大磯行きに便乗して国道1号線の二宮と国府津のほぼ中間点へ向かいます。

狙い目は押切川河口周辺で、1号線から海岸までは歩いてすぐ近く。河口から海岸に出ました。


大きな地図で見る
グーグル画像です。画像の押切川から橘インター辺りを探石しました。

河口周辺は比較的大きな石が集積しています。酒匂川系の海石探石にはこの一帯が適地と思われます。

001_convert_20110129090027.jpg
河口から西側を撮影。

中には抱えられないほど大きな石もあります。酒匂川は暴れ川なので、大きな石も海まで押し出すのでしょう。

003_convert_20110129090148.jpg
海岸は石でいっぱいヽ(^o^)丿 早速目を皿のようにして…。

005_convert_20110129190447.jpg
ありました。左右14cmの山形。

可愛い湖水を抱いていますが、右側の白い乱れ紋様が少々うるさい。

023_convert_20110129085707.jpg
今度は土坡です。左右14cm。

手で撫でただけで、表面の一部は鏡のようにつるつるです。石は海岸全体に広がって、かつ重なっているのでなかなか前に進みません。

010_convert_20110129085550.jpg
また土坡です。左右15cm。雰囲気は前の石と大きく異なります。

橘インターを過ぎ荷が重くなってきました。(この段階では最終的に置いてきた石もリュックの中に詰まっています)適当なところで切り上げ1号線に戻り、国府津方面に向けて歩きます。すると…。

013_convert_20110129090449.jpg
巨大マンションです。

シニア向けで、全室海を眺望し温泉大浴場付きです。以前女房殿と視察に行きましたが、なかなか素晴らしいものでした。ここにいたら毎日湘南海岸石を探石できます。もっとも65m2で3千5百万円では手が出ません。けれど、もうほとんど埋まったそうです。世の中お金持ちが多いですね。

018_convert_20110129090904.jpg
お腹もすいたので「かつ平」でとんかつ定食を。

店構えはありきたりですが、味はかなりいけます。とんかつより魚のフライが評判良さそうで、メニューは何種類もありました。近くにはのんき亭というお店もあり、かなり以前に訪問しています。こちらの評価も高いのですが、酔石亭主としては「かつ平」に軍配を上げたいところです。

「かつ平」の前から海に降りられるので再度探石に挑戦するも、お腹がいっぱいで気合が入らず小品の土坡を一石揚げてギブアップ。

035_convert_20110129085843.jpg
土坡です。左右11cmの小品。質が粗いので軽くペーパーをかけてみました。

012_convert_20110129090327.jpg
海岸から箱根方面を眺望。なぜか押切川河口より石は小ぶりです。

015_convert_20110129090621.jpg
逆方向を眺望。

016_convert_20110129090747.jpg
冬の海はきれいです。

水平線のかなたに八丈島が浮かんで見えています。石のことも忘れて、しばしボーっと時間を過ごしました。冬の湘南海岸は太陽が出ていれば暑いほど。この時期、海岸の探石には向いています。などと思いながら1号線に戻り国府津駅に向かいます。

国府津は国府の外港だった場所で、そこから国府津の名が付いたとされています。なお相模国の国府は海老名から秦野に移り、その後は大磯の六所神社近くに移ったようでます。六所神社周辺には国府を冠した地名が残り、北には鷹取山があるのですが、鷹取山と言えば藤野町三淵の徐福伝承で、「除福は、始皇帝の尊像を鷹取山(たかとりやま)の大岩の下に納めて当地を去っていった」とある山と同じ名前です。

しかも六所神社は高麗山の西側に鎮座しており、山の名から推測できるように一帯は渡来系の多かった土地。何となく匂いますが、今日は水石の記事なので歴史探究はここまでとしておきましょう。

なおグーグル画像を拡大して西に動かすと、巨大マンション(ダイヤモンドライフ湘南)やかつ平も位置確認できます。

今回の探石はほんの少し歩いただけですが、湘南海岸石は大磯から酒匂川河口までが探石範囲になると思われます。この間には大磯なら大磯プリンスホテル、国府津には明治21年創業の老舗国府津館がいずれも海の目の前にあって、遠方からの一泊探石旅行にも便利です。

国府津館ホームページ: http://www.kozukan.com/

周辺には山頂に菜の花咲き乱れる吾妻山、渡来系の名残を残す高麗山、よく整備された大磯城山公園など山と海を眺望する観光地もあり、多少の山歩きで楽しい時間を過ごせますよ。(高麗山は車で山頂に上がれます)
スポンサーサイト



プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる