呪術都市鎌倉探訪記 その7


洲崎古戦場碑も見終わりましたので、ちょっと違う場所に立ち寄ります。目的地は笛田で、ここには日蓮宗の仏行寺があります。


大きな地図で見る
グーグル地図画像。

笛田は広い谷戸的な地形となっています。寺は湘南深沢駅からはほぼ真南に当たり、行くのには相当不便な場所と言えるでしょう。この寺が鎌倉の中心近くにあれば、さぞ多くの観光客を集めるものと思われます。

020_convert_20110226140703.jpg
仏行寺の石柱です。

007_convert_20110226135826.jpg
寺のお庭です。

山の断崖を利用して見事な庭が造園されています。春には断崖に植え込まれたつつじが咲いてとても綺麗だそうです。

009_convert_20110226140006.jpg
もう一枚。

断崖には小道が付けられており登ることができます。

013_convert_20110226140123.jpg
登り口にやぐらがあります。

018_convert_20110226140522.jpg
途中には供養塔が置かれています。

享保や元禄年間のものがあり、時代を感じさせます。さらに登り途中から見下ろすと、道が狭いだけに結構怖そうに感じられます。

014_convert_20110226140246.jpg
山の途中から見下ろした庭園。

016_convert_20110226140400.jpg
笛田の谷戸全景。

谷戸と呼ぶには広すぎるかもしれません。それにしても住宅が建て込んでいます。山頂には源太塚という塚もありますが、今回は立ち寄りませんでした。

仏行寺の拝観(100円の拝観料が必要です)を終え戻ろうとしたのですが、大きな鳥居がさらに奥側に見えました。何だろうと思い行ってみると、三嶋神社です。こんなところに大きな神社があるとは知りませんでした。神社は大庭景親が再建したもので、以前は仏行寺に属していたようです。

026_convert_20110226140829.jpg
大鳥居です。

急な石段を登ります。

023_convert_20110226141012.jpg
石段です。

手前に中央を丸くくり抜いた石があります。古い鳥居の基礎だった石と思われます。茶色っぽい方が古い鳥居で、白っぽい方が新しそうです。白っぽい石の右横には鳥居の柱が置かれています。過去を想像できる遺物と言えるでしょう。

021_convert_20110226141140.jpg
社殿。

三嶋神社も見終わりましたが、笛田には三軒も茅葺屋根の民家があります。建物好きの酔石亭主としては見ない訳にはいきません。

029_convert_20110226141240.jpg
茅葺農家です。

ここ数回の記事で寄り道しすぎましたので、次回は北鎌倉の安倍晴明を見ていきましょう。

             ―呪術都市鎌倉探訪記 その8に続く―

スポンサーサイト
プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる