FC2ブログ

日本国の将来を考える その8


大災害の発生により時事問題は吹っ飛んでしまった感もあります。ただ、菅首相が自民党谷垣総裁に入閣を求めたり、民主党の代表経験者に協力を要請したりするのは、明らかに政治絡みの動きと見られます。こんな災害時に政治的な思惑から首相が自ら動くのはどうかと思います。

代表経験者に協力を求めるのも、何を今更の気がします。政界の最高実力者とされていた某元幹事長など、自分の政治力と人脈をフル活用して被害者救援に当たっているべきなのに、東京で何をしていたのでしょう?裁判の準備に忙しかったのでしょうか?ルーピーはもう言うまでもありません。

以下は震災前に準備していた記事で、現時点で読み返すと賞味期限の切れた過去記事のように感じられますが、問題が解消された訳ではないし、大災害があったからと言って看過すべきではないと思い、若干の手直しを加えた上でアップすることにしました。

前原氏の外相辞任から数日で、菅首相まで在日外国人からの違法献金を受けていたと判明しました。民主党全体に汚染が拡大している現実が、白日の下に晒されたのです。民主党議員において反日的行動や発言が頻発しているのは当然と言えます。外国人参政権の問題なども、こうした違法献金の悪しき成果であろうと思えてなりません。

一般論として言えば、国会議員が様々な外国人と交流を持つのは悪いことではありません。
それが議員の視野を広め、正しい判断ができるようになりますし、議員が築いた人脈により、外国と摩擦が起きた際すばやく対処できる可能性があるからです。つまり国益に資することができる外国人との交流は歓迎すべきなのです。

問題は、中国系や朝鮮系の外国人が組織的にある一定の意図を持って国会議員と繋がりを持とうとする点です。そうした意図の元で彼らは金を出し、国会議員がその意味を考えることもなく安易に献金を受け続ければどうなるのか…。

ここをきちんと仕分けして考えないと国益を守るべき国会議員が国益を損ね続けることになり、そのような人物や政党に日本を任せる訳にはいかなくなるのです。

いずれにせよ、民主党のみならず、全国会議員に対してこの種の問題がないか直ちにチェックし、献金を受けていた場合は議員辞職させる必要があります。法律の運用も、より厳しくするべきでしょう。

首相は、献金者が日本人名だったので外国人であるとは知らなかったなどと言い訳していますが、「僕、知らなかったもん!」で済むような問題ではありません。子供じみた言い訳など通用しない点は肝に銘じてほしいと思います。

それはさて置き、メア前日本部長の「沖縄の人はごまかしとゆすりの名人だ」発言に政府・民主党からは容認できない、米国は責任を取れなどの厳しい反応が相次ぎました。しかしメア発言の意味を考える場合、彼の言葉は氷山の一角にすぎず、海中に隠れた部分にはもっと大きなものがあるはずです。問題の全体像を知るには、その部分を見据えた上で考える必要があるでしょう。

問題の核にはもちろん普天間基地の辺野古移設が横たわっています。ルーピーが首相になって、政府間の約束を反故にする発言を具体的見通しもないまま連発し、何とか前に進みそうだった移設を完全に頓挫させてしまいました。

ルーピーの行為は日米同盟に巨大な亀裂を生じさせ、中露につけ込む隙を与えたのみならず、沖縄の人の心を修復不能なほど大きく傷付けたのです。罪万死に値すると各新聞に書かれたのも当然でしょう。

その後、菅首相になっても命がけで沖縄と話し合う人物は一人もおらず、問題は放置されたままになってしまいました。もともと普天間の移設は、普天間基地が市街地の中にありあまりにも危険だから、と言うことから出たものです。その問題を真剣に取り組まない民主党政権は沖縄の人たちをなおざりにしていると見られても仕方ありません。

そうした背景がある中で、メア発言が出た訳です。辺野古移設が前に進んでいれば、あのような発言は絶対に出なかったでしょう。発言自体は容認できないものであるにせよ、民主党政権に大きな責任があるのは明らかで、そこをスルーして批判するだけでは真の問題解決にはつながらないと認識する必要があるのです。

上記を認識し、沖縄についてもう一度よく考えてみましょう。第二次世界大戦において、米軍は沖縄に侵攻し、軍のみならず一般市民をも無差別に攻撃した結果、父祖伝来の地は焦土と化し、多くの人が命を奪われました。戦後も沖縄は米国の支配下に置かれ、基地が生活のすぐ横にある状態を強いられたのです。

日本に沖縄が返還された後も、基地がすぐ横にある状態に変化はありませんでした。このため米兵による凶悪事件や事故が発生するたびに、民衆の怒りが沸騰し大きなデモや集会が開かれたのです。

米軍の存在が沖縄の人たちにとっていかに忌わしい存在であるのか、その歴史的経緯を見れば明らかです。

それを踏まえた上で、日本の現在と将来の状況を見据える必要があります。沖縄の地政学的な位置には極めて特異なものがあります。世界第3位の経済大国である日本に属し、世界第2位にのし上がり軍備を膨張させ続ける中国と、世界最大の超大国でありながら衰えを見せている米国がしのぎを削る狭間すなわち戦略的最重要地点に位置しているからです。

沖縄は、過去の65年間のみならず、今後長きに亘り世界情勢に翻弄される宿命の場所とも言えるのです。

一方中国は尖閣の領有権を主張し、沖縄全体が自国に属すなどという研究も発表されています。海軍の艦船や潜水艦は宮古島の海域を抜け太平洋に出入りもしています。彼らは将来を見据え着々と手を打っているのです。

これに対する日本の政治家のお粗末さには言葉もありません。民主党土肥議員のように、日本は竹島の領有権の主張を撤回すべき、という宣言文に安易に署名する政治感覚ゼロの人物がいるのですから…。自国の領土を譲って構わないとする政治家が日本に多いのであれば、中国やロシアはますます図に乗って攻勢を強めるでしょう。

そんなこともわからない馬鹿が日本の国会議員になっているとは、選挙民である私たちの責任でもあります。本来なら早く内閣を解散させ、総選挙を実施する必要があります。大震災と原発事故、解決不能に近い別の難問山積みの状態で、政治空白を作る総選挙はもちろん好ましくありません。

しかし現状を放置していると問題はもっと大きくなると判断されます。当面は大震災や原発事故などの対応に全力を挙げて頂く必要があるものの、目途が立ったら即刻総選挙を実施してこうした人物を残らず落選させるべきです。

そして新たな政権は、沖縄にとって米軍の存在がいかに敏感な問題であるのかを踏まえつつ、一党独裁で国民の情報監視を強める国の脅威を放置していていいのかを、沖縄の人たちにも考えてもらい、今できる最良の選択をして頂くべきでしょう。

その上で、衰え行く米国に頼らない日本の安全保障を議論していくべきであろうと思います。

              ―日本国の将来を考える その9に続く―
スポンサーサイト



プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる