FC2ブログ

機能不全に陥った日本の政治

日々の雑感
06 /02 2011

菅内閣不信任決議案が昨日提出されました。政界内部では真剣に議論しているつもりなのでしょうが、外の目で見ると極めて異様な事態に映ります。

不思議でならないのは、菅首相では駄目だから、俺が代わってやる。俺の方針はこれこれだ、そうすれば菅内閣より震災復旧作業は格段にアップする、と言った具体的な政策を引っ提げて名乗りを上げる人物が一人もいないことです。

党首討論において谷垣総裁は、自分ならどのように対処するのか具体的な策を何も言わなかったと思います。与党の造反メンバーも不信任案が出たら反対はできないと言うだけです。一般論で被災者の生活立て直しを最優先すべきだと主張するだけでは何も言っていないのと同じです。具体論と実行の筋道を明確に示すのが政治家の務めでしょう。

菅首相では国民の人気がないから変えてしまえ、後は誰かに任せようなどと言う考え方で政局が動くのでは、国民はたまったものではありません。一方の菅首相は、ひたすら首相を続けたいと言う意志のみで動いています。こんな状態では、日本は一体どうなっているのかと、国内外の誰もが思ってしまうはずです。

現在の首相は駄目、さりとて代わり得る人物はいないでは、政界は完全に機能不全状態にあると言えます。一体どうしたらこの閉塞状況を変えることができるのか、国民の一人としては明確な答えを欲しいのですが…。

でもなぜ政治家たちはこうした機能不全状態を変えることができないのでしょう?政界も官僚の世界も、相撲界も球界も、古くて強固な組織の中である地位に置かれたメンバーたちは既得権益を手放そうとしません。

彼らも、そのままでは先細りになるし、事態がより悪化するので、改革しなければならないと思っているはずです。しかし改革するとは、既得権益にしがみついて生きている自分の存在そのものを否定することに繋がります。自分の立場も高い給与も、お出迎えの車も全部なくなってしまう。

そこで自分の存在を否定されない範囲で仲間内の議論がなされ、小手先の似非改革でお茶を濁してしまうのです。決定とも言えない決定が内部論理(ムラ社会の論理)に従ってなされてしまう訳です。

そのままでは先細りとわかっている。しかし自分の生きている間はこのまま波風を立てず高い給料をもらい続けたい。そうした上層部の意識が改革を阻む大きな壁になります。

ですから日本においては、全部ぶち壊して一からやり直すのが良いことになります。しかし、そうしてできた組織もまた時代とともに硬直化して既得権益者の楽園と化すのです。その繰り返しが日本の組織の、特に国家の上層組織のありようです。

結局そうした意識は日本人の特殊性に由来しているので、その根源の部分に光を当てて変えていくしかありません。そして変える契機となるのが、昨日アップした通り再び日本を襲うであろう巨大地震であるとすれば、何とも皮肉な話です。
スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!