FC2ブログ

妄想と妄言の政治家、妄執の政治家

日々の雑感
06 /04 2011

記事タイトルをこう書けばだれのことを指すのかはすぐにおわかりと思います。妄想と妄言の政治家はもちろんかのルーピーであり、妄執の政治家とは菅首相です。

ルーピーの妄想と妄言政治は説明するまでもありません。彼の後を継いだのが、何が何でも首相の座に居座り続けたい菅首相となります。民主党の元及び現首相がこの体たらくで、元幹事長は強制起訴され裁きを受ける立場となっているのです。党を指導すべきトップスリーのメッキが完全にはげ落ちてしまったとは、何とも情けないことです。

菅首相にしてやられたルーピーは、記者に対し「政治家なら約束を守るのは当たり前。できないならペテン師だ。人間としての基本にもとる行為をするなら党の規則の中で辞めてもらう」と口を極めて非難しています。ということは、二人の猿芝居ではなかったことになります。

元首相が現首相をああまで罵るとは、よほど騙されたのが悔しいのでしょう。日本中が見守る中、もののみごとに裏切られ大恥をかかされたのですから、御立腹されるのも頷けます。

しかしです。生き馬の目を抜くのが政治の世界。騙された後で幾らペテン師呼ばわりしても、所詮負け犬の遠吠え、後の祭りです。安易に調停役となり自らど壺にはまるなど、自業自得というものでしょう。妄想と妄言を幾ら駆使しても、妄執には勝てなかったのです。

そもそも普天間基地を最低でも県外できれば海外に移設すると政治家のトップである首相として約束し、それができなかったルーピー自身がペテン師です。まあ上手に騙すような高等戦術ではなく、現実を見ないで妄想・夢を語り自爆しただけではありますが…。

また沖縄の皆さんの心をあれだけ傷つけておいて、一度もおわびに出向いていないなど、人間としての基本にもとる行為です。自分の発した言葉が全てブーメランとなって自分に返ってくることをかの人は永遠に気付かないのでしょうね。騙した首相より騙されたルーピーに批判が集まって、恥ずかしさのあまり辞めてくれればいいのですが、どんなものでしょう?

ルーピーが騙されたのは、「バカみたい」で済ませられます。しかし、今回の菅首相のやり方は国民を欺くものであり許されません。もっと真面目に政治に取り組んで欲しいものです。
スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!