FC2ブログ

関東平氏の鎌倉 その16


笠間大橋から国道一号線方面に向かって走り、田谷で右折するとすぐに大船ラドン温泉が現れます。昔ここで入浴したのですが、茶色いお湯であまり効能はなさそうに感じられました。


大きな地図で見る
グーグル地図画像。

この施設は本年6月末に閉館となるそうです。ラドンも放射性同位体ですから原発の影響で客足が鈍った結果かもしれません。もしそうなら東電から賠償を頂くべきですね。ちなみに、WHOはラドンが癌の原因になると警告しています。ラドンガスが放出するアルファ線により DNAが傷つき肺がんを引き起こすとか。でも一方で温泉の効能は蓄積されたデータがあり、どう考えるかは自己判断するしかなさそうです。

で、そのお隣にあるのが通称「田谷の洞窟」、正式には定泉寺田谷山瑜伽洞(じょうせんじ・たやさん・ ゆがどう)です。自然のものではなく、人の手により掘られた人工洞窟です。

寺の創建は天文元年(1532年)と新しいのですが、洞窟の歴史は古く古墳時代の横穴墳墓が元になっているらしい、とされています。鎌倉時代には真言密教の修行の場として開鑿され、落武者が穴を伝って逃げたとの伝説も残っています。洞窟の概要は以下Wikipediaより引用します。

洞窟は定泉寺本堂の裏手にある小さな舌状台地の地下にあり、上中下の三段構造で途中道がいくつも枝分かれしている。内部には行者道という順路が定められており、これから外れた道には入ることができないようになっているため道に迷うことはない。一部封鎖されている場所があるのには、ただ単に道が崩れていて危険であるという理由と宗教的な理由とがある。行者道に沿って電灯が設置されており、行者道に関しては足元もきちんと整備されている。
洞窟は10個前後の広い空間を通路で結ぶような形で作られているが、この広い空間や通路の壁面や天井には曼荼羅、十八羅漢、刈萱道心の仏教説話などが彫られている。また西国三十三箇所、坂東三十三箇所、秩父三十四箇所、四国八十八箇所の壁画は、それらをすべて回ることで巡礼したことの代替とするものである。さらに、足柄山の金太郎を描いたものなど庶民的ともいえる彫り物もある。洞内には音無川などいくつもの水が流れており、やわらかい地層の中にこれらの彫り物が保たれているのはこの湿気のためである。洞内には仏像などが安置されてもいる。瑜伽洞は現在でも住僧や一般からの希望者による修行の場であり、厳粛な宗教空間となっている。
上記の通り、内部には崩壊がおきているため正確なところは明らかではないが、この洞窟の全長はおよそ1キロメートルほどと推定されている。測定可能な部分については全長が約540メートルであることが判っている。また内部の気温は季節を問わず16℃前後となっている。


地下迷宮に立体曼陀羅が展開される壮大かつ厳粛な宗教的空間ですが、内容は結構庶民的とも言えそうです。

041_convert_20110619111118.jpg
狭く見える洞窟の入り口。

042_convert_20110619111150.jpg
近寄ります。

内部の写真撮影は禁止なので、残念ながらご紹介はできません。洞窟内は、受付でロウソクを受け取ってその火を掲げつつ歩くのですが、冷たい風ですぐに消えてしまいます。でも、電燈が雰囲気を壊さない程度に点いていますので、歩くのに不都合はありません。ゲーム機では味わえないダンジョンのRPGが実体験できますよ。

043_convert_20110619111219.jpg
境内にあった安産祈願の玉石。

それほど知られてはいない田谷の洞窟ですが、一見の価値はあると思います。ぜひ足をお運びください。

酔石亭主の独断による湘南地方の三大洞窟は、江の島の岩屋洞窟(波の浸食によるもの)、龍口寺の地下壕、田谷の洞窟となります。自然洞窟、人工洞窟の違いのみならず、歴史も背景もそれぞれに異なっており、行く価値はあると思われます。ただ、龍口寺の地下壕は整備されたものではなく、危険が伴うのでお勧めできません。

さて、長尾氏の始祖である景弘(長尾次郎)の子供が長尾定景で、彼は三代将軍源実朝を殺害した公暁を討った人物です。定景の墓所は久成寺にあります。住所は鎌倉市植木4949。


大きな地図で見る
グーグル地図画像。

寺は小田原北条氏の家臣である梅田秀長が永正17年(1520年)に屋敷を寄進して創建され、日舜上人により開山されました。

014_convert_20110619110750.jpg
山門と本堂。

端正な佇まいです。山門は鴻池家の夫人が龍口寺に寄進したものを明治の始めに移築したとのこと。歴史が感じられます。また天正19年(1592年)には徳川家康が北条攻めの際に来駕。寺領三石を賜ったそうです。北条氏ゆかりの寺なのに当時の住職はさぞ複雑な気持だったのでしょうね。

015_convert_20110619110853.jpg
盆栽のように手入れされた松。

018_convert_20110619111042.jpg
本堂。

長尾一族の墓は長尾台から寺に移されたとされます。長尾砦を北条氏が築城した際、墓が邪魔になって移したのでしょうか?梅田秀長は玉縄城の武将なので、そう考えると筋が通りそうです。

016_convert_20110619110928.jpg
墓所の石碑。

あるいは、久成寺は玉縄城の南西すなわち裏鬼門に当たるので、その守りに長尾一族の霊を当てたのかもしれません。

017_convert_20110619111012.jpg
長尾一族の墓石。

ところがそれらの推測は間違っていたようです。寺の解説石板(写真は光が反射して見にくいので掲載しません)によれば、以下の通りでした。

上杉謙信公ノ祖長尾新六定景一族ハ法華ノ信徒ナリシ故ヲ以テ昭和三十二年四月長尾城址ヨリ移シ霊ヲ祀ル

長尾城址に墓だけがあったとは考えにくいのですが…、つい最近のことでもあり、そう書かれている以上信じるしかなさそうです。

関東平氏の鎌倉は一応これで終了です。やや中途半端ですが、引き続き別の記事の中でも取り上げていきたいと思います。

スポンサーサイト



プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる