世界では何が起きている!!


新潟・福島では記録的豪雨のため、約40万人に避難指示・勧告が出たそうです。40万人とは藤沢市の全人口とほぼ同じ。想像を絶する人数です。その前には、韓国のソウルも猛烈な豪雨に見舞われました。車に取り付けたビデオカメラの映像を見ましたが、突然斜面が崩壊し何台もの車が土砂に巻き込まれていく様子が映し出されていました。見ているだけで背筋が冷たくなります。

菅政権になってからの日本は立て続けに災厄に見舞われています。ルーピーに続く菅首相も日本最大級の厄病神と化したようです。一刻も早く退散してもらうよう神に祈るしかないのでしょうか?

彼は当分居座り続けるでしょうから、次は米国に目を転じてみましょう。米国における米政府債務の法定上限の引き上げ協議は、ぎりぎりの協議が行われているもののまだ決着していません。8月2日の期限はもう目の前。米国債の債務不履行(デフォルト)が避けられないと見た市場は身構え始めました。世界一の超大国がこの体たらくでは、たまったものではありません。米国は超大国の威信にかけて迅速な収束を図るべきです。

中国の高速鉄道事故はあの国が抱えるあらゆる問題をあぶり出しています。中国共産党宣伝部がマスコミに対して、事故原因を追及するな、大きな愛を記事にせよなどと指示を出していたことが発覚。批判を浴びています。

一方事故原因の隠蔽を図った鉄道省ですが、落雷による電源停止はなかった、指令所の指令により追突された側の列車は停止していた、などの事実が発覚して事故原因偽ることができなくなりました。今度は、信号機の設計ミスがあったと発表して逃げのびようとしています。全く泥縄的対応としか言いようがありません。

政府指導部はネット上での批判が拡大し、火の粉が降りかかりそうになると見て、温家宝首相が自ら現場に出向き、事故原因の徹底解明をすると発表。鉄道省を叩くことで、江沢民指揮下の上海閥を追い落とそうとしています。

高速鉄道事故により、中国における民衆やマスコミ、政権指導部、鉄道省、上海閥などの様々な動きを見透かすことができます。この動きが共産党一党独裁体制の変更を迫るものとなればいいのですが、いかがなものでしょう?

ギリシャ危機による欧州の混乱は一応回避されていますが、マグマは地下で煮えたぎっています。これも目を離せません。

と言ったところでまた日本に戻ります。菅首相の居座りは想定の範囲内です。しかし北朝鮮疑惑を考えれば、首相の資格ゼロの人物が政権の中枢に居座っていることになり、日本の国益を著しく損ねます。ルーピーと民主党をペテンにかけたやり口も汚く、不信任案を否決できた途端に態度を変え、退陣などと言った覚えはないとうそぶく厚顔ぶりには、開いた口が塞がりません。

もちろん騙されたルーピーは詰めが浅いのですが、問題は菅首相が国民をも極めて姑息な手段で欺いたことです。このように狡猾でこざかしい人物が後で何を言っても誰も信用はしません。にもかかわらず、あれやこれやと延命策を打ち続けています。

北朝鮮疑惑を回避するためか、唐突に中井氏を北朝鮮側高官と極秘面談させ、自ら訪問も考えているようなご様子。明らかに小泉元首相の郵政選挙や北朝鮮電撃訪問を意識しています。前にも書きましたが、菅首相の陰湿なキャラクターでは批判を受けるだけでしょう。

拉致議連は、菅首相の資金管理団体が拉致致事件容疑者に関連する政治団体に献金していた問題を調査する委員会の設置を決めたそうです。徹底した調査を行い、その結果を国民全体の前に公表していただきたいと思います。マスコミはなぜかこの件の報道に及び腰です。何を恐れているのか知りませんが、膿は一刻も早く出しきるべきと思います。

追及を恐れる菅首相が脱原発で解散に踏み切っても、それは争点にさえならず、自らの当選も怪しくなり民主党の大惨敗は必至です。そんな中で解散できるはずがありません。何かあれば解散するぞと脅しているのは、野党ではなく民主党に対してなのです。

利用できるものは全部利用して自らの延命を図る意図はどこにあるのでしょうか?もしかしたら、北朝鮮疑惑と関連しているのかもしれません。日本の国益を損ねるため、石に齧りついても総理を続ける、などと言う空恐ろしい想像さえできそうな状態です。こんな人物は直ちに議員辞職させるのが筋でしょう。

復興財源23兆円は主に臨時増税で賄う方向になりそうです。民間は給与が上がらず誰もが苦しんでいる中、議員・公務員は高給を得て素知らぬ顔でいいのでしょうか?国家財政が破綻に瀕し、それに震災が追い打ちをかけているのですから、自らの固定費を大幅に削減する決定を国・地方ともしていただきたいと思います。

B型肝炎の訴訟費用まで、国民負担に付け替えられたのでは、国民は堪ったものではありません。できるだけ早く総選挙を実施して、政・官の固定経費削減実行で復興費用を捻出する政権に登場してもらいたい…、と思っても、時期尚早な面もあり夢のまた夢ですね。

やや賞味期限切れの内容を何度も書いているような感じですが、いずれも根源的な問題を含んでいますので取り上げました。
スポンサーサイト
プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる