FC2ブログ

馬の耳に念仏

日々の雑感
07 /07 2011

昨日の国会におけるやり取りの一部をテレビで見ましたが、菅首相の答弁は誰が何と言おうと聞く耳を持たない、「馬の耳に念仏」状態でした。「蛙の面にションベン」状態でもあります。

原発の安全宣言を唐突に撤回するなど、閣内でのきしみも限度を越え、完全に機能不全状態に陥ったものと思われます。質問に立った自民党の石破氏も、相手が「馬の耳」ではお手上げと言った様子。首相は自分の思いだけが極限まで肥大化して、状況を客観的に判断することができなくなっています。

混乱は政治のみに留まらず、経産省の幹部がインサイダー取引をしたとか、九電が「やらせメール」を出したとか、もう無茶苦茶です。

先日は和歌山でかなり大きな地震があり、九州は大雨と自然災害も次々に押し寄せています。日本は国家も大地も先の見えない激動期に入ったと見て間違いありません。危機をどう乗り切るのかは、それぞれが自ら判断して最適の対応をするしかなさそうです。

混迷する政治におんぶにだっこでは、自分の首を自ら絞めるようなもの。これからは自己判断と責任において行動すべき時代となるのです。
スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!