FC2ブログ

鎌倉・藤沢の義経伝説 その13


白旗神社の西は妙見碑のある伊勢山で、その西にある引地川を渡ると羽鳥です。羽鳥は明らかに秦氏地名で、僅かながら秦氏の痕跡もあります。

019_convert_20110713085354.jpg
周辺の案内板。

006_convert_20110713084738.jpg
羽鳥の総鎮守御霊神社です。

「相模国の秦氏」で以前ご紹介した神社。三の鳥居まであります。

008_convert_20110713084953.jpg
一の鳥居越しに見た拝殿。

奇妙に思えるのは鳥居の正面が拝殿になっていないことです。何か意味があると思いますがわかりません。

018_convert_20110713085327.jpg
拝殿正面より。

013_convert_20110713085223.jpg
梵鐘があります。

012_convert_20110713085155.jpg
大工として秦氏の名が刻まれています。見にくいので解説板を参照ください。

009_convert_20110713085031.jpg
解説板。

015_convert_20110713085256.jpg
拝殿脇の庚申塔。寛文7年(1667年)に造立されたものです。

神社を出て裏に行くと旧三觜家住宅があります。

020_convert_20110713085422.jpg
大きな門構えの家です。

021_convert_20110713085459.jpg
お庭をちょっと撮影。

さて、このように白旗神社の周辺は秦氏関連の痕跡が幾つか残っていました。白旗神社の白旗は源氏の旗印とされていますが、そもそも旗は幡(秦)で秦氏関連の匂いがします。義経の首は秦氏に関連する地域の真ん中に埋められたとわかりますね。

そうした過去が現在にも反映されているのか、白旗には朝鮮系の方が居住され、民団の支部まであります。義経の首が白旗の地に埋葬された理由。それはこの地が鎌倉郡の外にあるだけでなく、秦氏系のエリアだったからなのです。

           ―鎌倉・藤沢の義経伝説 その14に続く―
スポンサーサイト



プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる