FC2ブログ

中国高速鉄道事故に思うこと


中国の温州で高速鉄道の重大事故が発生しました。起きるべくして起きた事故としか言いようがありません。

日本が新幹線網を50年の歳月をかけて整備したのに対し、中国は僅か5年で日本の4倍に当たる9千kmの新幹線網を建設しました。でも、建設工事の早さを称賛することはできないと思います。あまりの拙速ぶりに加えて、汚職や手抜き工事が横行していたからです。これらの全ては事故へと繋がる要因でしょう。

しかも車両は、カナダ、フランス、ドイツ、日本など複数国の技術によるものです。今回の事故は停止していた列車がカナダの技術で、追突したのが日本の技術をベースにしたものとか。問題の自動制御システムは中国が世界最高の独自技術と誇ったはずのものでした。

落雷で列車が停止することはしばしばあります。しかしそれで後続列車が停止しないなど本来あり得ないのです。きっと手抜きをしまくった、超いい加減なシステムだったのでしょうね。

また、乗務員の訓練は数か月を要するのに、中国人なら10日でできると豪語していたそうです。人員の教育も訓練も決定的に不足しています。

驚いたことに、事故後1日半でもう高速鉄道は通常運転で走っています。事故の原因究明は何もせずに…。さらに驚くべきは、先頭車両の一部など事故原因の解明に繋がる部分を地中に埋めてしまったことです。乗客の遺体や遺留品がまだあるかもしれないのに、とんでもない隠蔽工作ですね。

共産党宣伝部は国内メディアに対して独自報道をしないよう通知を出しました。これも情報操作と隠ぺい工作の一環です。

さらにさらに驚くべきは、解体工事をしている時点で、車両内部にまだ子供がいたことです。運転再開が人命より優先されています。さらにさらにさらに驚くべきことに、ダイヤ上は、追突した方の列車が本来は先に走っているべきで、追突された列車が後続であるべきだったのです。一体どんな運行管理をしているのでしょう?

死傷者の数も、少なく発表されすぎているような気がします。事故を矮小化しようという意図が働いていないでしょうか?

こんな恐ろしいことが平気で行われている国が中国です。環境汚染&破壊大国、世界の安定を脅かす軍拡大国、あらゆる贋物が横行する贋物大国、チベットや東トルキスタンなど他国を侵略し自分のものにして平気な顔の侵略大国。世界中の貴重な資源を食い荒らしまくる、資源浪費大国。表面は綺麗に取り繕っていても、その背後は目いっぱい汚れているのが中国の実体でした。

人肉カプセルのニュースはつい最近のこと。高速鉄道の事故は今後も起きるでしょう。中国は新幹線を独自技術だとして特許申請し、海外に売り込みを図っていますが、とんだお笑い草です。

そんな中国版新幹線を、日経ビジネスオンラインは3月に、
世界最速!「中国新幹線」が示す未来
先進国の技術を“国産化”する「中国的イノベーション」

などと書いてえらく持ち上げていました。全く恐ろしい未来が待っていたものです。記者さんは、もう少し取材を深めて記事を書くべきではないでしょうか?

いずれにせよ、巨大な怪物と化しつつあるかの国を早く何とかしないと、このままでは大変なことになりますよ。
スポンサーサイト



プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる