FC2ブログ

富士山麓の秦氏 その30

富士山麓の秦氏
12 /11 2011

光照寺と秦川勝の関係を示す別の例を拾ってみました。以下Wikipediaより引用します。

川勝 広継(かわかつ ひろつぐ)は、戦国時代の丹波の武将。光照(みつてる)とも称した。本姓は秦氏で、秦河勝の後裔とされる。川勝氏(下田氏)は丹波国桑田郡・船井郡内を知行し、室町幕府に仕えてきた。戦国時代、広継は桑田郡今宮に住んで、12代将軍足利義晴、13代将軍足利義輝に仕えた。広継のとき川勝を称したのが始まりだという。その意味で、川勝氏の家祖とされる人物と言えよう(むろん、遠家祖は秦河勝である)。
後に北桑田郡美山町の市場村を支配して、京都北方に勢力を拡大するようになった。そして、美山町静原の島城を本城とし、八木の守護代内藤氏、京北の宇津氏、篠山の波多野氏など、丹波の戦国武将と対峙した。また、広継は菩提寺として桑田郡今宮に光照寺を建立した。16世紀前半を生きた人物。没年不詳。


全く別の話の中に光照寺と秦川勝が出てきます。秦氏の思考パターンを窺わせる面白い一例ですね。

さて、頼朝と秦氏の関連を窺わせる事例は他にもあります。谷村駅に近い都留市上谷から道志に入る途中に鍛冶屋坂と言う地名があります。(ところで、「その20」で書いた不二阿祖山太神宮を造ったのは天住の会で、その本部も都留市上谷5丁目にありました。なんか妙な感じですねぇ?)


大きな地図で見る
鍛冶屋坂一帯を示すグーグル地図画像。

頼朝が巻狩りを実施するに際し、谷村の鍛冶屋七郎左衛門が矢の根を製作して数百本を献納しました。その矢の根が世に稀なほど切れるため、稀代の姓を賜わったとのことで、これが鍛冶屋坂の地名の元となっています。近くには金山神社があり、境内には希代稲荷社が祀られています。この鍛冶集団は秦氏との関係が感じられます。

鍛冶屋坂、古渡、大明見の阿祖山太神宮と繋ぐと、頼朝は桂川に沿って富士山麓に入ったようにも思えてしまいます。(あるいは帰路を桂川沿いか?)つまり秦氏の居住エリアを辿りながら、富士山麓に入った(あるいは富士山麓から帰った)ようにも見えてしまうのです。

都留市にある曹洞宗補陀山普門寺も、頼朝が富士の巻狩りの折に武家の守りとして祠堂を建てたのがその始まりとされます。秦姓が山梨県下で都留市に最も多く、同時に頼朝の痕跡も多く残っている意味はもう明らかだと思われます。

問題は、道志村にも多くの頼朝伝説が残されていることです。山中湖から山伏峠を越えて道志川に入った長又の矢頭で頼朝が弓を引くと4km先の神地(矢先)まで飛んだと言う伝説。その伝説から長又には矢の根を御神体とした矢の根神社が創建されました。

長又には試し切りの岩である二つに割れた兜岩もあります。少し下った白井平には水越の姓が多いのですが、その理由は頼朝に水を献じ、水越の名前を賜ったことによります。道志川の支流室久保の上流に頼朝の弓の的となった石があり、的様と呼ばれています。

さらに竹之本の川辺にある頼朝の馬乗石。竹之本の櫓沢は頼朝が弓を射るため櫓を組んだことにちなんでいます。大室指の足型石は、源頼朝が富士の巻狩りの帰り同地で馬を止め石に足をかけ草鞋の紐を締めた時、かかとの跡が石に残ったものです。

頼朝は月夜野の子ッ沢(ねつさわ)で馬に乗り沢を駆けたため、大きな石に馬蹄形の凹みをつけました。これが頼朝の馬蹄石です。以上、道志川の上流から下流にかけて全域に源頼朝伝説が見られます。


大きな地図で見る
道志川流域を示すグーグル地図画像。各地名のチェックは画像を拡大して確認ください。

また道志川沿いには大渡と言う地名があります。その由来は以下の通りです。

大月市猿橋の八幡社が火事になり社の扉を開いたら大幡が空に舞い上がり飛んでいった。大幡は道志の馬場に舞い降りたので一帯を長幡と呼ぶ。大幡はここから再び飛んで大渡に舞い降りた。大幡は次に相州大山の麓、日向薬師へと飛び去った。


大きな地図で見る
大渡を示すグーグル地図画像。馬場(長幡)は大渡の上流部の馬場に位置します。画像を拡大してご覧ください。

この伝説には驚きました。大渡は大幡が変化したもので、都留市の古渡(こはた)が小幡の変化したものであるのと全く構造が同じだからです。言い換えれば、大幡が飛んだ伝説は秦氏の移動ルートを示すものに他なりません。秦氏は道志村経由でも秦野に向かったとわかります。

秦氏の痕跡が残る道志川流域に頼朝の伝承が点在する理由は明らかです。頼朝は1193年の巻狩りだけでなく、複数回富士山麓に赴いたのです。複数回訪問する目的は、阿祖山太神宮礼拝と光照寺にあったのです。

大幡が飛ぶ伝承は、秦氏の移動ルートを示しているとの推定が今回で成り立ちました。次回以降で、その推定をさらに確かなものとする事例を見ていきたいと思います。

              ―富士山麓の秦氏 その31に続く―
スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!