酒匂川石


1月14日(土)に酒匂川で探石しました。寒いと思い防寒には注意を払いましたが、歩き出せば寒さはほとんど感じません。酒匂川の場合厳冬期が探石に適しているようです。

007_convert_20120130085057.jpg
報徳橋の上流部。

河原一面に石が広がっています。写真からも判別できるように、見られそうなものはほとんどありません。

006_convert_20120130084959.jpg
すぐ近くではまたも川床整理工事が…。

009_convert_20120130085156.jpg
こんな石がありました。

割れ口が新しいので持ち帰るかどうか少し悩みましたが、結局リュックの中に入れました。

探石結果は次回に…。

酒匂川の探石に関連して気になるのは、山梨県東部・富士五湖群発地震です。1月28日に突然始まった地震は、小さなものも含めると現在までに20回程度となります。この地震に関して気象庁は、東海地震や富士山の噴火との関連性はないと指摘。

一方テレビなどのメディアは、富士宮市で異常な湧水が続いている点、出現すると地震が起きるとされる巨大深海魚リュウグウノツカイが海岸に上がったりしている点を、専門家の話も交えてさも危険そうに報道していました。他にも蝙蝠が増えたとか、クジラが海岸に打ち上げられたとか…。

これらの動物は地震に関連する電磁波の異常を感知するとされるので、心配だと言いたいようですが…。煽るような報道は問題だと思います。

最も重要なのは実際の震源です。調べて見ると、震源とされるのは道志村の鳥の胸山付近になります。だとすれば道志川断層群が動いていると想定されます。こうした点はメディアもきちんと伝えるべきですが、ほとんど報道されていません。


大きな地図で見る
震源とされる場所を示すグーグル画像。

場所は富士山の北東約30km。距離が離れているので、気象庁も富士の噴火と関連性はないとしているのでしょう。しかしです。道志川断層群が山伏峠を越えて富士の裾野に接している可能性はないのでしょうか?

もし接しているなら、こよりで鼻の穴をくすぐるとくしゃみが出るように、噴火を誘発しないとは言い切れません。こうした分析をもっと具体的に報道して欲しいと思います。

酒匂川も山北から上流はそのまま富士山に接続しており、探石中に地震や噴火に襲われたら大変です。と言うより、国府津・松田断層が動く方が怖そうに思えます。何しろこの断層は大磯丘陵の西縁すなわち酒匂川のすぐ東側にあり、M7級の地震を起こさせる力があるのですから…。

いずれにせよ、火山列島に生まれ住んでいる私たちにとって地震や噴火は宿命のようなもの。備えを十分にしてお付き合いするしかなさそうです。



スポンサーサイト
プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる