FC2ブログ

セロトニントランスポーター

秦氏の謎を解く
02 /25 2012

フジテレビの「たけしの日本人白書」を見ていたら面白い内容をやっていました。日本人は不安を感じやすい傾向があることを実験で証明し、日本人がそうであるのは不安遺伝子すなわちセロトニントランスポーターのSS型とSL型を世界で最も多く(97%)持っているからだと解説していたのです。

問題はなぜ日本人だけが突出して多く不安遺伝子を持っているかなのですが、それに関しては残念ながら明確な答えがありませんでした。実はこの問題は秦氏の謎を解く その13にて詳しく書いていますので参照ください。

日本人が最も多く不安遺伝子を持っている理由。それは秦氏の心的な呪縛によるものだったのです。

セロトニントランスポーターに関しては以下Wikipediaより引用します。

セロトニントランスポーター遺伝子(セロトニントランスポーターいでんし)とは、神経伝達物質であるセロトニンの伝達に関係する遺伝情報が書き込まれた遺伝子である。染色体番号17に存在する。S型とL型が知られる。組み合わせはSS型、SL型、LL型がある。

スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!