FC2ブログ

ル・ミリュウ鎌倉山

湘南食べ歩き
03 /27 2012

ここ数週間の間に何軒かのお店に行っています。「湘南食べ歩き」もほとんど更新していないので、たまにはグルメ記事でも書こうかと思い、ル・ミリュウ鎌倉山をピックアップしました。場所は鎌倉山で常磐口からですと雷亭の少し先となります。詳細は食べログでもご参照ください。
住所: 鎌倉市鎌倉山3-2-31

雷亭を過ぎると…、ル・ミリュウ鎌倉山の案内が道の脇に立っていました。

024_convert_20120326134755.jpg
案内板。

道路レベルが駐車場になっており、階段を下るとお店です。こうした店の造りはドラマチックな演出となり、期待が高まって好ましいものです。

009_convert_20120326134826.jpg
階段からテラス席を通して見る鎌倉山。

絶景とまでは言えないのですが、良景のお店と認定できるでしょう。

018_convert_20120326134856.jpg
テラス席。

019_convert_20120326134927.jpg
テラス席から見た鎌倉山。

店の建物がちょうど谷の上にある感じで、下に家が建つことはないでしょうから、のどかな自然を楽しめます。空高く数羽のトビがゆったり弧を描きながら飛んでいました。店内に入ります。

016_convert_20120326134953.jpg
店内。ケーキ類などが並べられています。

012_convert_20120326135033.jpg
座席。

シンプルで明るい内装です。席の前は全面ガラスとなっています。

015_convert_20120326135107.jpg
店内から見たテラス席。

025_convert_20120326135136.jpg
こちらが工場棟になっているようです。

コーヒーと頼んだケーキが運ばれてきました。酔石亭主はミルフィーユです。写真は撮っていません。早速食べようと思ったのですが、フォークとナイフが大きすぎます。困惑しながら良く見ると、食事用のフォークとナイフのようです。しかも形状が実に握りにくい。不器用な酔石亭主ではとても扱えない代物です。

コーヒーでも飲もうかと思ったところ、握り部分が持ちにくい作りになっていました。困りましたねぇ。肝心のミルフィーユは甘さが強すぎるように感じられます。いい景色のお店なのに、ケーキもコーヒーも、とほほな気分。女房殿は別のケーキを頼んだのですが、似たような印象だったようです。

まあ、問題点は致命的なものではないので、すぐに改善できるでしょう。鎌倉山のリッチな景観を生かした素晴らしいお店になってくれればと思っています。
スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!