FC2ブログ

東京桜ウオッチ その6

04 /15 2012

地下鉄九段下駅で降りとすぐに桜が出迎えてくれます。まずは牛ケ淵から武道館方面を…。

062_convert_20120414083912.jpg
牛ケ淵の桜と武道館。

皇居周辺の桜の多くはソメイヨシノです。日本を代表する桜ソメイヨシノは、幕末期に染井の植木屋がエドヒガンとオオシマザクラを交配して作出したものとされています。ソメイヨシノの名前の由来は桜の名所吉野山にちなんでいます。当初は単に「吉野」と呼ばれていたのですが、吉野山の桜はヤマザクラなので混同される恐れがあり、作出地の染井の地名を頭に持ってきてソメイヨシノと命名したのです。

066_convert_20120414083949.jpg
桜。

067_convert_20120414084024.jpg
桜とお濠。

068_convert_20120414084052.jpg
桜とお濠をもう一枚。

皇居の桜はさすが日本の中心だけあって実にゴージャスです。ただ、写真では実感をお伝えすることができません。行っていただくしかありませんね。(もう現時点ではかなり散っていますが…)

皇居周辺は以前にも行ったことがあります。その時は今回よりもっと素晴らしく、幻想的な感じがしていました。今回で幻想的な雰囲気が感じられなかったのはなぜか、良くわかりません。多分、微妙な気象の違いとか開花時期が心象風景に影響を与えていたのでしょう。

そんな皇居もかつては江戸城で、徳川将軍家の居城でした。六義園に頻繁に訪れた将軍綱吉は、大手門を出て現在の外堀通りを通り、昌平橋の袂まで来た後、橋の手前を右へ曲がり、筋違御門から筋違橋を渡っていったのでしょう。そして神田から本郷に入り弥生町交差点の先で日光へと続く御成道(岩槻街道)を進み六義園に至ったのです。

岩槻街道に沿っては加賀屋敷(現在は本郷の東大)、柳沢吉保邸(六義園)、藤堂下屋敷など広大な庭園を持った大名屋敷も多く、それらの花卉需要にこたえる供給地として染井は発展していったと思われます。
スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!