FC2ブログ

建物探訪 別所温泉旅館花屋

建物探訪
06 /15 2012

大正2年から4年の間に建築された趣のある宿です。

252_convert_20120614143455.jpg
敷地の外から撮影。

249_convert_20120614143524.jpg
正面から撮影。

蔵がまるでお城のように見えます。朝食はこの蔵の2階で摂りました。天井が高く広い上にドイツあたりのレストランのような雰囲気さえ漂っています。ちょっと驚かされますね。但し食事の内容は平凡。これだけの部屋なら洋食にして欲しかったと思います。

281_convert_20120614143602.jpg
ロビーです。

酔石亭主はどちらかと言うと、コンクリのビルより本格木造建築の宿の方が好みです。玄関に足を踏み入れた途端、別世界が広がる非日常性が面白い。床はピカピカに磨かれています。木の材質もいいのでしょう。ロビーからは中庭が見渡せます。

271_convert_20120614143640.jpg
渡り廊下。

265_convert_20120614143733.jpg
もう一枚。

274_convert_20120614143825.jpg
泊まった部屋です。池に向かってせり出しており、独立棟に近い。

267_convert_20120614143909.jpg
部屋の中から。

風呂は大理石風呂と展望風呂があり、展望風呂の横に露天風呂もあります。泉質も良く何より大理石風呂は時代を感じさせる優れものです。模造品をはめ込んだようなタイルや壁ではないのがいいですね。(風呂の写真は撮影していません)

夕食も高価な食材を使用してはいないのですが、日常では味わえない工夫が凝らされていたと思います。

総合的に見て高く評価できる宿だと思います。詳細は旅館のホームページを参照ください。
http://hanaya.naganoken.jp/

スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!