FC2ブログ

最近ちょっと呆れること


今日は、国会で消費増税関連法案の衆院採決があります。これに絡んで民主党がドタバタ劇を繰り広げ、小沢氏が出るだの出ないなどと、便秘のウンチみたいな話になっています。小沢氏はマニフェストにない消費税増税に反対していますが、では彼はどんな対案や具体策を持っているのでしょう?耳を澄ませても、何も聞こえてきません。

議員と公務員の給与を全部で10兆円削減する、その手順はこうだから増税は不要だと言うならわかります。でも、そんな議論はなさそうです。ある政策の実施に反対なら、対案や具体案を出すのは政治家として当然の責任であり、それがないのは無責任です。言うだけなら、幼稚園児でも言えるじゃないか。

しかも、法案には反対だけど離党はしたくないなんて手前勝手を言う議員が多いようです。自分の信念を持って法案に反対するなら当然離党すべきで、増税しなくても財政を悪化させない方策を堂々と提示すればいいはずです。しかし、そんな信念のかけらもないから、甘ったれたことを言っているのでしょう。ルーピーなど記者団の前で法案は反対、でも離党はしないと表明しています。毎度のことながら、自分の発言が何を意味しているのか全くわかっていないご様子…。

小沢グループの議員は増税の前にやることがあると言いますが、そう言う自分は与党になってからやるべきことをやっていたのでしょうか?とてもそうは思えません。親分から言われたから、仕方なくそう言っているのでしょう。親分は親分で子分が多数選挙で落ちると頭数が減って困るので、国民受けしそうな増税反対を唱え、新党を結成する腹と見受けられます。思惑見え見えの動きには、誰も投票しないですよ。

小沢氏にとっては、政界において自分の影響力を維持し続けることだけが重要であり、グループ議員は自分の手駒・頭数に過ぎません。だから、政策の勉強より地元回りばかりさせているのでしょう。彼の中では、何のために政界で影響力を持ち続けなければならないか、と言う点がすっぽり抜け落ちているのです。

政策とそれを具現化する行動のない小沢氏は、結局政局において自分の存在感を誇示するしかなく、ますます政局にのめり込むことになります。それは日本にとって不幸なことだと認識して欲しいと思います。

もちろん誰も増税は嫌いです。そうした国民の声を踏まえるなら、小沢氏だけでなく民主党議員全員は、政権を取ると同時に増税しなくても済むようなあらゆる手を打ち、目標を達成するための行程表を作成すべきでした。

世界の現状と日本の財政状況に鑑みると、増税も致し方ないと思います。しかし同時に、無駄の削減、国と地方の全議員・公務員給与の大幅削減はぜひ実行すべきです。日本はその他の難題も山積み状態です。それらの対処・実行において害のあるトロイカは、直ちに退場していただくしかありません。国民の大多数はそう思っています。
スポンサーサイト



プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる