FC2ブログ

くちなしの花

未分類
07 /04 2012

季節に合わない桜の花が続きましたので、合う花をアップします。でも、何だか渡哲也さんの歌のタイトルみたいになりました。歌詞の一部を…。

『くちなしの花の 花のかおりが 旅路のはてまで ついてくる くちなしの白い花おまえのような 花だった』

003_convert_20120704054345.jpg
くちなしの蕾。蕾の先端に蟻がいます。

花の強い芳香に惹かれたのでしょうか。そう言えば、くちなしの種名は「ジャスミンのような」と言う意味がありました。

002_convert_20120704054432.jpg
少し開いてきました。

005_convert_20120704054456.jpg
完全に開いたくちなしの白い花。

クチナシの白い花がおまえのような花だったとしたら、随分体臭の強い彼女だったのですね。くちなしに関しては以下Wikipediaより引用します。

クチナシ(梔子、巵子、支子、学名:Gardenia jasminoides)は、アカネ科クチナシ属の常緑低木である。野生では森林の低木として自生するが、むしろ園芸用として栽培されることが多い。果実が漢方薬の原料(山梔子)となることをはじめ、様々な利用がある。



スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!