FC2ブログ

熱田神宮の謎を解く その22 大縣神社

熱田神宮の謎を解く
11 /14 2012

田県神社前駅から電車に乗って次の楽田駅で下車します。駅から山に向かい東に歩き続けると大縣神社に至ります。


大きな地図で見る
位置関係を示すグーグル地図画像。

082_convert_20121113131347.jpg
歩いていると、こんな住所表示板が…。

一瞬住所表示に違和感を覚えました。なぜなら、小針の地名は小牧市のはずだからです。グーグル地図画像で調べてみましょう。


大きな地図で見る
グーグル地図画像。小牧に小針の地名があり尾張神社も鎮座しています。

やはり小牧に尾張の地名の元となる(と推測される)小針がありました。だとすれば、犬山の小針は何なのでしょう?犬山まで尾張氏の影響力が浸透したため、丹羽氏の支配地であった犬山に小針の地名が成立したのでしょうか?現時点では不明とするしかありません。ちなみに、三河国となる岡崎市にも小針の地名があります。岡崎にも尾張氏がいたのでしょうか?

084_convert_20121113131418.jpg
神社が近くなってきました。

背後に見える山が本宮社のある本宮山だと思われます。当初は本宮山の山頂に鎮座していたものが、社伝によれば、垂仁天皇27年(紀元前3年)に、山麓の現在地に移転したとのことで、大変古い由緒を持つ神社と理解されます。大縣神社のホームページは以下を参照ください。
http://ooagata.p1.bindsite.jp/


086_convert_20121113131444.jpg
こちらも七五三で賑わっています。

089_convert_20121113131527.jpg
解説板。かなり文字が薄れていますので、色調を調整。

尾張国二宮と称される神社で、境内神社として御祭神の神裔大荒田命の子である玉姫を祀る姫之宮が鎮座し、古来より安産・子授など女性の守護神として崇敬されているとのこと。また神社西方3.3kmにある青塚古墳は古来王塚・茶臼山古墳とも称され大荒田命の墳墓と伝えられているそうです。古墳は愛知県で二番目に大きいとされるので、丹羽氏の勢力が窺えます。

解説板でやや気になるのは、祭神が大縣大神(尾張国開発の祖神)とあるだけで大荒田命とは明言されていないことです。かつては尾張古図に見られるように犬山辺りまで伊勢湾の海が入り込んでいたので、本宮山は海を行きかう海人の目印でもあったと思われます。

また麓の大縣神社から山頂の奥宮への登山道途中には青黄姫竜王を祀る雨宮社と山姥の祠(やまんばのほこら)があります。雨宮社と言うからには水や竜神と関係しそうです。詳細は山登り関連の以下の記事を参照ください。
http://doratomo.jp/~jionusagi/repo1103/owarihuji.html

大縣神社は、本宮山を神体山とする竜神信仰がベースとなり、水の恵みをもたらす竜神を尾張国開拓の祖神である大荒田命が祀ったのが元になっているものと推測されます。建稲種命は八岐大蛇を倒したスサノオに擬せられる存在であり、玉姫と結婚しているのでここでも建稲種命の影が見えそうになって来ます。

095_convert_20121113131552.jpg
境内では菊の花も展示されていました。

もう一つ気になるのは参道の左脇に拝殿と本殿が鎮座している点です。参道を真っ直ぐ進むと行き着くのは玉姫を祀る姫之宮となります。

088_convert_20121113131622.jpg
その状況を示す写真。

画像左手の古い社殿が拝殿で、奥の赤く枠取りされた社殿が姫之宮。

もちろん大縣大神を祀る社殿の方がはるかに立派ではありますが、どうしてこのような構成になっているのかわかりません。

104_convert_20121113131652.jpg
拝殿。立派な社殿ですが神体山である本宮山を背にしていないのが妙です。

106_convert_20121113131719.jpg
もう一枚。

102_convert_20121113131753.jpg
姫之宮。社殿はまだ新しい。

姫之宮裏の山へと向かう道を少し歩くと、女陰をかたどった石が奉納されていました。

096_convert_20121113131818.jpg
女陰石。

この神社にも田縣神社同様豊年祭があり、かつては女陰形が練り歩いたようですが、各方面からの批判を受け、おかめの口がそれらしくみえるような形に変わったようです。

110_convert_20121113131901.jpg
正面鳥居の前から楽田方面。かなり下っているとわかります。

現状は熱田神宮の謎からややかけ離れていますが、まだ続ける予定です。でも、ここらで一休み。

           熱田神宮の謎を解く その23に続く

スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!