FC2ブログ

未分類
02 /04 2013

昨日のお昼ごろでしょうか、ふと空を見上げるとやたら筋になった雲が多く出ているのに気が付きました。知多半島の上空を大きな二つの筋雲の塊が覆っていたのです。

002_convert_20130204082718.jpg
筋雲です。

001_convert_20130204082629.jpg
もう一枚。

この種の雲はしばしば見かけますが、これだけ多いのは珍しいのではと思います。ところで、空を見て思い出したことがあります。それは中国の大気汚染の深刻化です。工場の排煙、暖房用の石炭の燃焼、車の排ガスなど様々な要因によって、大気に含まれる直径2・5マイクロメートル以下の微小粒子状物質、いわゆるPM2.5が北京においては日本における基準値の30倍にも達したとのこと。

もちろんこれは北京だけの話ではなく中国の都市部に共通した問題です。酔石亭主は4、5年前しばしば中国を仕事で訪問しています。朝起きてホテルのカーテンを開けると、いつも街はどんよりしたスモッグに覆われていてうんざりしたものです。当時でさえ視界は百メートル程度のように感じられました。

現在の大気汚染はそれよりはるかに深刻化しているのでしょう。環境を守る、保全するのは誰のためでもなく自分たちのためです。お金を抱えたまま病気になって死んでしまえば元も子もありません。身勝手でルールを守らない国民性が現在の事態の根本原因であることを中国共産党は深く認識すべきです。

問題は大気汚染だけに留まらず、国土の砂漠化による黄砂の増加、川や海などへの汚染物質の垂れ流しなどさまざまあります。尖閣諸島や南シナ海、チベット、ブータンなどの領土・領有権に関する姿勢にも共通するものがあります。際限なく膨張し際限なく近所迷惑を振りまく現在の中国のあり方は極めて問題が大きいのです。

そして汚染された大気や黄砂は海を渡り日本にまで影響を与えています。この領空侵犯の責任を中国は取るのでしょうか?もちろん責任など取らないし、対策を打ち出しても大気汚染が悪化するスピードに追い付いてはいけません。誰も自分が儲かればいいとしか思っておらず、ルールを守らないからです。ではどうしたらいいのでしょう?

巨大化した国家を適切にコントロールする能力は現在の共産党独裁政権にはありません。中国は早く民主化して幾つかの国に分かれて頂き、適切にかつ迅速に統御できる国々となるべきです。それが唯一の解決策と思われます。

自己コントロールの効かない巨大国家が制御を失って崩壊すればもの凄い迷惑を世界中に振りまくことになります。そうした事態を避けるため、世界は早急に手を打つべきではないでしょうか?
スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!