FC2ブログ

熱田神宮の謎を解く その31


前回の検討から、天香語山命は出雲系、尾張氏系、物部氏系のいずれでもあり得るとの結果となってしまいました。これをどう整理すればいいのでしょう?前回では越国までを見てきましたが、天香語山命の鎮座地は越(新潟県)からさらに北の陸奥(福島県)や出羽(山形県、秋田県)へと広がっています。すなわち大和朝廷の蝦夷討伐のルート上に天香語山命を祀る神社が多くあると見て良さそうな雰囲気です。

実際、「古事記」の崇神天皇の条には、天皇の命で大毘古命が高志国へ派遣され、その子の建沼河命(崇神期における四道将軍の一人。沼河とあるので越の男でしょうか?)が尾張を含む東海道から武蔵、常陸、陸奥などを巡行し、相津(福島県の会津)にて二人が往き遇ったとあり、福島県にも天香語山命を祀る神社が多い(10社程度鎮座する)理由を示す根拠となりそうです。

蝦夷地の問題は天武・持統天皇の時代にまで持ち越されようです。「日本書記」の天武13年には信濃に三野王らが派遣され、この地に都を造ろうとするのかと記述され、14年には束間(筑摩、つかま)に行宮をつくらしむ、との記述も出てきます。いわゆる信濃遷都計画と呼ばれるものです。

理由を「日本書記」は束間温湯(浅間温泉?)に幸さむと擬ほすか、とありますが、目的は温泉療養ではなく蝦夷対策であるのはほぼ間違いなさそうに思えます。なぜなら、大宝2年(702年)から恵那山神坂峠越えの整備工事が実施され、完成後は出羽や陸奥などへの入植が活発化しているからです。(注:「信濃国の秦氏 その8」では別の理由を挙げていますが、間違いだったと思われます(^_^;)さらに信濃遷都計画は持統上皇の東三河行幸の謎とも関係するとの説もあります)

ところで初期の大和朝廷の実態は有力部族の連合体でしかありません。「先代旧事本紀」はニギハヤヒに関して天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊(あまてるくにてるひこあめのほあかりくしたまにぎはやのみこと)と記しています。これは何を意味しているのでしょう?この名前の中には色々な神が含まれていますが、全て同神だとの説もあります。

ニギハヤヒの名前は古代史において混乱を招く原因となっているものの、難しく考える必要はなさそうです。同じような例が現代の日本にもあるからです。例えば、銀行の三菱東京UFJです。現在この銀行は一つの銀行ですが、中身は三菱銀行、東京銀行、三和銀行、東海銀行の言わば連合体です。

では、天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊を同様に分解してみましょう。天照は天照大神を奉じる天孫系、国照彦は国ツ神系、天火明は尾張氏系、櫛玉は出雲系としての大物主神及び鴨氏系、饒速日尊は物部氏系となります。大物主神の背後には出雲系とニギハヤヒの物部系が隠れています。UFJの背後には三和銀行と東海銀行が隠れているのと同じです。もちろんニギハヤヒの名前から読み取れる連合体は、現在の三菱東京UFJほど強固なものではなさそうです。

(注:「出雲国造神賀詞」では大物主神を大物 主櫛甕玉と表記。天櫛玉命は鴨県主らの祖。系図的には、天櫛玉命-鴨建角身命(八咫烏)-鴨建玉依彦命)

ここで本当にうまいなあと思わせるのが天香語山命(表記は色々あり)のネーミングです。天香語山は明らかに大和の聖なる山、天香久山であり、東国出征に際して天香久山辺りからに出立した男を天香語山命と表記しておけば、連合体のどの部族も自分たちの大将格に引き寄せて天香語山命と記載することが可能となるからです。

天香語山命が出雲系、物部氏系、尾張氏系のいずれにも見えてしまうのは、ここに原因があったと推定されます。よって、後代の私たちには天香語山命の出自がわかりにくくなり、混乱を招く結果となってしまいました。

天香語山命の人物像について、上記のように考えればある程度すっきりするのではと思います。そして、幾つかの伝承や天香語山命の鎮座地から判断すれば、物部氏系の天香語山命と尾張氏系の天香語山命がいたと考えるのが妥当な線のようです。

前回、今回と天香語山命に関して書いてしまいましたが、調べるべきは高倉下でした。では、「先代旧事本紀」で天香語山命と同神とされる高倉下はどのような神なのでしょう?高倉下を祀る神社は天香語山命のものと地域が全く異なっています。またまた難しくなりそうな気配に怯えつつ…。

                 熱田神宮の謎を解く その32に続く
スポンサーサイト



プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる