FC2ブログ

無量寿寺かきつばた園 その3

未分類
05 /17 2013

カキツバタ池も場所によって雰囲気が変わります。

032_convert_20130516084011.jpg
明るいカキツバタ池です。

031_convert_20130516084039.jpg
もう一枚。

021_convert_20130516084105.jpg
宝篋印塔(ほう きょういんとう)がありました。

誰かを供養している塔と思われます。解説板を見てみましょう。

020_convert_20130515123819.jpg
解説板。

また面白い内容が書かれています。この宝篋印塔は小野中納言篁(おのちゅうなごんたかむら)の娘・杜若姫の供養塔とのこと。在原業平を慕って後を追い、八橋の逢妻 川で追いついたのですが、業平から振られた悲しみのあまり池に身を投じて果てたとのことです。業平には妻(恋人であった二条の后高子のこと?)がいるとわかっているはずなのに妙ですね、実らぬ恋と知りつつ後を追ったのでしょうか?

でも、杜若姫の父はかの有名な小野中納言篁です。波乱万丈の人生を送った篁ですが、彼は夜ごと井戸を通って地獄に降り、閻魔大王のもとで裁判の補佐をしていたとされます。杜若姫が池に身を投げて果てたとしても、閻魔大王をたぶらかして、彼女を生き返らせることなどお茶の子さいさいのはず。そうした後日譚まで書けばもっと面白い話になったかもしれません。

小野中納言篁に関しては以下を参照ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E9%87%8E%E7%AF%81

小野中納言篁は小野小町や有名な書家・小野道風の祖父だったとの説があります。また彼の墓は紫式部の墓のお隣にあります。これは地獄に落ちた式部を篁が救い出したからでしょう。とにかく、かきつばた園には色々な著名人が登場するので飽きさせません。
スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!