FC2ブログ

中部連合水石展

水石
06 /01 2013

しばらくお寺関連の記事が続いたので、この辺で水石に戻り数回にわたってアップしたいと思います。

5月8日(水)~5月12日(日)の間、名古屋市博物館で第42回中部連合水石展が開催されたので見に行ってきました。

052_convert_20130531083431.jpg
博物館の建物。

ここでは尾張の歴史が古代から近代に至るまで詳しく常設展示されていました。写真を撮りたいと思い申し込んだところ許可されたので、面白そうな部分を撮影しています。いつになるかわかりませんが、機会を見てご紹介したいと思っています。

003_convert_20130531083256.jpg
博物館の日本庭園。

005_convert_20130531083322.jpg
瀬田川石です。

006_convert_20130531083343.jpg
根尾川石です。

008_convert_20130531083406.jpg
同じく根尾川石。

この展示会は占魚愛石会と石酔会の共催とのことです。以前は6から7の水石会が共催していたそうですが、多くが閉会してしまい現在は二つだけになってしまったそうです。ちょっとさみしいですね。展示した石を見て感じたのは、全て自採の自然石(一切加工していない石)を展示しているらしいこと、水盤に砂を敷かず水濡れさせていないこと、添え物の小盆栽や草物は一切排していることでした。

占魚会は飯田の愛石家である故鮎沢占魚氏の流れを汲んでいると思われます。氏の考えは、石は自然のままでいじってはいけない、その見所を発見して楽しむと言う点にあったので、それを継承されているのだと思います。良石が川で揚がりにくい現在、その教えを守るのは容易なことではなさそうです。

三河八橋のカキツバタを撮影して間もないのに、もう花菖蒲が咲き始めています。東海市の大池公園で撮影した花をアップします。

008_convert_20130531083500.jpg
花菖蒲。黄色の花。

012_convert_20130531083522.jpg
別の花。なかなか豪華な花です。
スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!