FC2ブログ

東三河の秦氏 その62 持統上皇東三河行幸の謎


持統上皇に関連する地名を探すため、御所から佐脇神社方面に向けてさらに川を遡ります。


大きな地図で見る
佐脇神社一帯を示すグーグル地図画像。

地図画像には「膳田」、「玉袋」、「加美」の地名があります。かなり変わった地名なので、これらも持統上皇に関連しているように思われます。例えば「膳田」は、上皇への献上米がここで収穫されたことに由来しているのでしょう。地図画像にはありませんが、膳田のすぐ南に御津町御馬剣と言う地名があります。

011_convert_20131122094818.jpg
剣から膳田方面の写真。

こんな農地に「剣」とはいかにも不釣り合いです。でも上皇を絡めれば「剣」は草薙神剣に関係した地名となります。何となく三種の神器が連想されてきました。きっと他の地名も三種の神器に関係あるはずなので、その視点から見ていきます。

膳田の北側には加美と言う地名があります。御津町御馬加美(みとちょうおんまかみ)の「 加美」は鏡を意味することから、八咫鏡(やたのかがみ)に関係していると思われます。やはり一帯には三種の神器関係の地名が集まっていたのです。

鏡(かがみ)に関連する地名は鏡、各務、加美、覚美などがあり、内宮の御神体である鏡は天照大御神の御魂代とされ、神=鏡となります。加美の地名は天照大神と連結し、この場所に不可欠なものだったと言えそうです。自らを天照大神に擬したのが持統上皇とすれば、上皇の行在所は加美の地名もある音羽川の右岸にあったことになりそうです。

029_convert_20131122094846.jpg
加美一帯の写真。やや家などが建て込んでいます。

三種の神器の残る一つは八坂瓊曲玉となります。これは勾玉なので、それを示すような地名を探ってみましょう。加美の川を隔てた東側には玉袋の地名があります。「玉袋」で何か別のものを連想された方もいるでしょうが、八坂瓊曲玉に関連すると理解して間違いなさそうです。

そう考えると、玉袋は八坂瓊曲玉を入れた袋を意味していることになります。地図には一カ所しか出ていませんが、実際には二ヶ所にあり、御津町御馬玉袋(加美の北側の線路向う。音羽川右岸)と御津町下佐脇玉袋(音羽川左岸)です。

032_convert_20131122094920.jpg
下佐脇玉袋一帯の写真。

でも、玉袋の地名がなぜ音羽川左岸・右岸の両方にあるのでしょう?合理的に解釈するには玉袋が二つあったとするしかありません。とすれば、やはり川を挟んで持統上皇の行在所と文武天皇の仮宮があったことになりますが……。

三種の神器は行幸の際は天皇と共に持ち運ばれたとされています。となると、ここで問題が出ます。行幸時点において持統は上皇であり、天皇ではないからです。三種の神器に関連する地名が御津町にある理由を矛盾なく説明するには、既に書いたように、文武天皇が近くの仮宮にいたから三種の神器に関連する地名が存在した、とするしかありません。当時の状況から推測すれば、上皇の行在所到着時点で既に東三河にいた文武天皇は行在所近くに仮宮を設け、上皇到着時に出迎えたことになりそうです。

なお、持統上皇は「続日本紀」では太上天皇と呼ばれていたので、実質的な天皇として三種の神器を持ち運んでいた可能性もあります。玉袋の地名が二ヶ所にあるのはその証明にもなりそうです。(注:この場合文武天皇の玉がレプリカとなります)

話を行在所の跡に戻します。後世の人々はこの場所に小さな祠を建て、御所宮と称したそうです。前回で掲載した石碑裏面の記述「里人往古よりこの地をその聖跡と言い伝え、御所宮を斎き来たった」の部分ですね。このお宮は現在、音羽川下流の下佐脇の佐脇神社境内に移され御所大明神としてお祀りされているとのこと。早速見に行きましょう。地図画像で加美と玉袋の間に架かった橋があります。

052_convert_20131122094957.jpg
橋です。御所橋と同じように地名を橋の名にしているのかもしれません。

053_convert_20131122095022.jpg
やはり「たまぶくろはし」でした。

以上、音羽川河口から東海道線の鉄橋までの間に、持統上皇(及び文武天皇)が行幸したことを示す数多くの地名が確認されました。大きな収穫があったと思いながら佐脇神社に向かうと、途中に立派なお寺が見えてきます。ちょっと立ち寄りましょう。

033_convert_20131122095048.jpg
長松禅寺の山門。

034_convert_20131122095114.jpg
本堂。実に堂々とした佇まいです。

寄り道をしたので急いで佐脇神社に向かいます。

             東三河の秦氏 その63 持統上皇東三河行幸の謎に続く
スポンサーサイト



プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる