一年の終わりに


一年が過ぎるのはあっという間のようで、もう今年も今日と明日を残すのみとなってしまいました。この一年、尾張国関係では熱田神宮関連の謎解きに挑戦し、三河国関係では東三河の秦氏やその他の謎に光を当てました。どれも簡単に解ける謎ではなく、四苦八苦の連続でしたが、それだけに大変充実していたと言えそうです。

来年以降も歴史の謎解きに挑戦したいのですが、問題は愛知県から西に面白い謎があるかどうかです。既に専門家の方たちがあらゆる角度から検討を加えているようなエリアでは、酔石亭主の出る幕はありません。まあ、二番煎じどころか十番煎じになるのを覚悟で何か書いてみたいとは思いますが……。

一方今年はほとんど触れなかったものの、政治や外交面では様々な事件・事案が発生しています。中国の防空識別圏設定、お隣のおばさんの告げ口外交、安倍総理の靖国訪問などです。一国の首相による靖国神社の参拝には疑問があります。かといって国内の問題によその国からあれこれ言われる筋合いはありません。

純粋な外交や国益の観点からすれば安倍総理の靖国訪問は大きなマイナスとなります。けれども、国のために命を捧げた英霊に対して、哀悼の誠を捧げるとともに、尊崇の念を表し、御霊安らかなれとご冥福をお祈りすること自体は、一個人の信条・心情として何ら批判されるものではないでしょう。問題は、それが多くのマスコミの目の前で行われ、世界に発信されてしまい、政治的問題化してしまうことです。安倍総理がそれを狙っているのなら確信犯的になります。

そうではないなら、別の方法を考える必要があります。つまり国内外にアピールする政治としての靖国訪問なのか、或いは個人の信条・心情発露による靖国訪問なのか、きちんと切り分けて頂く必要があるのです。

首相の談話は首相個人の信条を語っているように思えます。それは談話の中に、靖国神社への参拝については、残念ながら、政治問題、外交問題化している現実があると語っていることからも推測されます。

しかし、どう残念がっても靖国参拝は政治問題化してしまいます。マスコミがリアルタイムで報道すれば、衆人環視の前の参拝なので政治問題化は当然の帰結で、それがわからないはずはありません。やはり、安倍総理は言葉とは裏腹に自らの靖国参拝を政治問題と認識しているのです。

仮に靖国参拝が個人の心情に基づくものであるなら、それを政治問題化させない方策を探さなければなりません。では、どんな方策があるのでしょう?多分、解決法は一つしかありません。安倍総理が自宅に靖国神社の仮設遙拝所を設置して、誰も知らないうちに靖国神社を遙拝することです。これなら毎日遙拝しようが文句の出ようはずがありません。

安倍総理にとって靖国神社参拝は個人の心情によるものなのか、国内外に対する政治的なものなのか、これをご自身がきちんと整理した上で今後の対処を考えて頂くべきであろうと思います。

願わくは、来年こそ安全保障に関連する問題が発生しない、また大きな災害が起こらない年になって欲しいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる