FC2ブログ

愛知川周辺を巡る その8


愛知川石はまだ何個か残っていますが、大した石はないので「愛知川周辺を巡る」に戻ります。「二兎を追う者は一兎をも得ず」との諺からすると、探石だけでなく、建物探訪、歴史探訪も楽しもうとしているので、二兎どころか三兎も追っている状態です。欲張りにも程がありますね。

と言うことで、御幸橋からはすぐ近くの五個荘金堂に向かいましょう。ここは古代条里制の区画割りを残す農村地帯であり、聖徳太子の伝承が残り、加えて近江商人発祥の地で、往時の商人屋敷や神社仏閣が狭い地域にひしめいています。以前から行ってみたい場所の一つだったので、今回で願いがかなうことになります。なお、金堂の名前は、聖徳太子が当地に金堂を建立したという伝承に由来しているとのこと。


五個荘金堂の位置を示すグーグル地図画像。202とある辺りに駐車可能です。

024_convert_20140501124546.jpg
五個荘金堂の解説板。

駐車場に車を停め歩き始めます。早速趣のある塀と建物が…。

019_convert_20140501124357.jpg
とても長い板塀が続いています。

幾ら近江商人でもこれほど大きな邸宅はないと思われます。多分、那須与一の孫愚咄坊が開基したと伝えられる弘誓寺でしょう。角を廻り込むと…。

022_convert_20140501124432.jpg
石垣にコイの泳ぐ水路。心安らぐ光景です。

070_convert_20140501124516.jpg
もう一枚。江戸時代に迷い込んだかのような雰囲気です。

025_convert_20140501124622.jpg
弘誓寺の表門。

026_convert_20140501124656.jpg
庫裏。

029_convert_20140501124729.jpg
国重要文化財の本堂。写真では伽藍の壮大さを表現できません。

027_convert_20140501124758.jpg
解説板。

スポンサーサイト



プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる