FC2ブログ

岐阜市の建物探訪

建物探訪
05 /26 2014

前回で岐阜市のうだつ建築をご紹介しました。二つのうだつは妻壁が二階屋根の上にまで持ち上がり小屋根を乗せたいわゆる本うだつとなります。その前段階が、二階屋根の下にうだつが上がる袖うだつと称されるもので、脇町が有名です。そのさらに前段階が、袖壁で二階屋根の下に壁が付けられたものとなります。不思議なことに岐阜市においては袖うだつが見られないようです。けれども、袖壁の建物は相当数残存しているので、それらを探訪することになります。

070_convert_20140525183229.jpg
袖壁の商家。

071_convert_20140525183304.jpg
もう一枚。

撮影したのは伊奈波神社近くの通りです。連続性には欠けるものの、何棟かの袖壁建築が見られます。連続性のある袖壁建築は長良川に近い川原町辺りとなりますので行ってみましょう。ただ、酔石亭主は知らなかったのですが、当日はハーフマラソンが開催される日で、準備が進んでいたのでうまく撮影できませんでした。

081_convert_20140525183336.jpg
解説板。

082_convert_20140525183417.jpg
解説板の内容そのものと思われる石垣と蔵。

087_convert_20140525183556.jpg
川原町の袖壁建築。

084_convert_20140525183520.jpg
名古屋市などでよく見られる屋根神様もありました。




スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!