FC2ブログ

長浜探訪 その1


長浜市と言えば琵琶湖と長浜城の羽柴秀吉、そして黒壁スクエアなどが頭に浮かびます。酔石亭主にとっては、うだつの上がる古い商家建築に興味があります、袖壁や袖うだつではない本うだつの建物が何軒長浜市内に残っているのか確かめてみたいところです。もっとも本来の目的は長浜市ではなく、近江国に点在する幾つかの神社です。けれども、長浜市内を見てまわるのにも時間をかける予定。と言うことで、早速行ってみましょう。


長浜市の駅前一帯を示すグーグル地図画像。

駅前の大通りを東に歩くとすぐに洋風の建物が見えてきます。

267_convert_20141029164451.jpg
洋風の建物。

八角の塔が付いた木造の洋風建築物です。

034_convert_20141029164528.jpg
拡大画像。

正面から見ると「KAICHI GAKKO」とあります。学校の校舎だった建物のようですが、現在はレストランかパブになっている様子。調べたところ、こちらは1874年に建てられた旧長浜開知学校が移築されたものでした。古い商家建築を見に行くところが、真っ先に目に留まったのが洋風建築とは面白いですね。駅前大通りに交差するこの建物前の通りが旧北国街道となります。

北国街道は、かつては北陸と関西方面を結ぶ重要な交通路で、多くの旅人や武将が行きかった道です。そうした歴史も調べてみると面白いのですが、とても手が回りません。長浜は琵琶湖の海上交通にも重要な役割を果たしており、古い商家の塀には舟板が張られ、舟板塀となっています。既に有名な黒壁スケアは大通りを左折するのですが、天邪鬼な酔石亭主はまず右折してみます。すると…。

005_convert_20141029164610.jpg
醤油屋さんです。北国街道と交差する通りにありました。

006_convert_20141029164638.jpg
案内板です。

かなりの歴史と変遷があったようです。こうした案内板が各所に設置されているので参考になります。

007_convert_20141029164725.jpg
逆方向から撮影。

013_convert_20141029164755.jpg
暖簾を見ると鍋庄さんでした。

この辺りは古い時代の看板を掲げるお店が多いようで楽しめます。それだけ歴史を大切にしているのでしょう。さほど観光地化されないエリアの方が酔石亭主にとっては見所が多いと言えます。



スポンサーサイト



プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる