FC2ブログ

若狭探訪 その11

若狭探訪
04 /14 2015

最近国宝級の神社仏閣、仏像などに油をかける事件が頻発しています。千年にもわたって守られてきた国の宝を汚す行為は許せるものではなく、犯人は厳罰に処せられるべきでしょう。気になるのは30件にも及ぶ件数だけでなく、非常に広域にわたっていることです。単なる愉快犯にとどまらず、組織的なものであるとしたら実に厄介です。こうした行為が続くと、今まで目の前で拝することのできた文化財が、遠い位置からしか見られなくなる可能性も出てきます。日本の文化財の幾つかは世界遺産でもあり、日本のみならず世界の宝でもあります。それを汚す行為がいかに愚劣なものであるか犯人はわかっていないのでしょう。被害がさらに拡大する前に、当局は全力を挙げて検挙してほしいと思います。

では、明通寺の紹介を続けます。

061_convert_20150414073000.jpg
杉並木の坂から石段を登った先に本堂が見えています。

051_convert_20150414073050.jpg
接近してもう一枚。

このお寺は山の斜面をうまく利用して伽藍配置を立体的に構成しているようです。お寺に至るまでののどかな谷戸の光景、仁王門へと続く石段と巨木、仁王門のレベルにある客殿、そこからさらに坂を登り、石段を登ると本堂に到達できると言う構成自体が、仏の世界に次第に近づく高揚感や聖地感を生み出しているようにも思えます。

059_convert_20150414073433.jpg
本堂です。

素晴らしい建物ですが、写真では全くその雰囲気が伝わりません。現場に立っていただくしかなさそうです。本堂内部にも息をのむような重文の薬師如来坐像や深沙大将立像などが安置されており、圧巻です。

053_convert_20150414073256.jpg
解説板。本堂からさらに石段を登ると三重塔となります。

052_convert_20150414073200.jpg
三重塔。

055_convert_20150414073521.jpg
もう一枚。

058_convert_20150414073552.jpg
解説板。

057_convert_20150414073701.jpg
三重塔の位置から見下ろした本堂。


スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!