FC2ブログ

尾張氏の謎を解く その74


前回で外宮の故地は久次岳側(比沼麻奈為神社だが、まだ確定できない)が磯砂山側(藤社神社)よりもやや優位と書きました。では、仮に藤社神社が外宮の故地ではないとすると、同社の位置付けはどうなるのでしょう?ここで再び、「丹後舊事記」にある笛連王の記事を参照します。

笛連王。日本古事記神服海部の亙の子なり母は節名節媛と云大日本根子彦国牽尊の尊(孝元天皇)奉仕父の府跡を領す與佐の比治の山麓笛原を府とす。順国志に曰く比沼真名井ケ原の辺五ケの庄本ケの邑に砂山と云高山有麓に磯砂山笛原寺と云真言宗の伽藍あり和哥名所志に笛の浦と記す山中に海部の名有の名所とす是笛連が館跡なり。

笛連王に関しては既に検討を終えていますが、多少補足的に書きたい部分も出てきました。「古事記」によれば、開化天皇の子に彦坐王の異母兄弟となる建豊波豆羅和気(たけとよはづらわけ)がいて、道守臣・忍海部造・御名部造・稲羽の忍海部・丹波の竹野別・依網の阿毘古等の祖なり、との記載があります。葛城の忍海部、丹波の竹野別、稲羽の忍海部などを考慮すると、葛城から丹波、因幡へと続くルートの存在が浮き彫りにされてきます。

本シリーズの大和編で書いたように、葛城の忍海には笛吹連の祖神を祀る葛木坐火雷神社が鎮座していました。彦坐王の異母兄弟となる建豊波豆羅和気が丹波、因幡に関係しているとすれば、建豊波豆羅和気も彦坐王に同行している可能性が高く、その繋がりの中で笛吹連の一部が丹波道主命(彦坐王)に率いられて丹波に向かい、川上の庄で海部氏と合流し比治の里に入ったとも考えられます。それが後世になって混同され、神服連海部直の子笛連王として記載されたのでしょう。

それにしても、尾張氏の謎解き大和編で検討した事柄が全く想定外の形で丹波に繋がってしまうとは、実に不思議でなりません。ただ酔石亭主の視点からは、海部氏が比治の里に入ったのは必然であり、そうでなければ籠神社奥宮となる真名井神社の創建に繋がらないことになります。

さて、笛連王は海部氏と関係し比治の山麓(磯砂山)笛原を府としました。また山中に海部の名があるとも書かれています。笛原寺は後の回で見ていきますが、上記から磯砂山側は海部氏に関係すると推定されます。酔石亭主は海部氏が豊受大神を、比治の里から真名井神社の鎮座地に勧請したと考えていますので、比治の里に海部氏がいなければ困ることになるし、当然豊受大神(を祀る巫女たち)とも関係してくるはずです。

そうした視点から見ると、藤社神社は海部氏に関係した神社ではないかとの推測が浮上してきます。でも、神社の由緒の中にそうした話はありません。これでは困ってしまいますが、まだ検討していない部分があったはず……。

そう、本殿背後に鎮座する和奈佐夫婦の神祠です。小さな祠ですが、鎮座位置からしても相当重要な意味を持つのではないかと期待されます。仮に和奈佐夫婦が海部氏であれば、藤社神社は海部氏に関係した神社とほぼ断定できることになり、酔石亭主の考えるストーリーとも整合してきます。

ちなみに、海部穀定氏は伊去奈子嶽(いさなごだけ)が伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の音に近いことから、和奈佐夫婦を伊弉諾尊、伊弉冉尊(いざなみのみこと)と推定しています。なぜ海部穀定氏は、和奈佐夫婦が海部氏(或いはその関係者)かどうかの検討をしなかったのでしょう?不思議でなりませんが疑問はさて置き、奈具の社の項を以下に記載します。内容を一読すれば、和奈佐夫婦が伊弉諾尊、伊弉冉尊とは思えなくなるはずです。

丹後の國の風土記に曰はく、丹後の國丹波の郡。郡家の西北の隅の方に比治の里あり。此の里の比治山の頂に井あり。其の名を眞奈井と云ふ。今は既に沼と成れり。此の井に天女八人降り來て水浴みき。時に老夫婦あり。其の名を和奈佐老夫(わなさおきな)・和奈佐老婦(わなさおみな)と曰ふ。此の老等、此の井に至りて、竊(ひそ)かに天女一人の衣裳を取り藏しき。即(やが)て衣裳ある者は皆天に飛び上りき。…以下略

和奈佐夫婦は天女の一人の衣裳を取って隠してしまうのですから、実に怪しからん老夫婦になります。この内容を見ただけでも、伊弉諾尊、伊弉冉尊が和奈佐夫婦でないのは明らかです。上記の後には天女と和奈佐老夫とのやり取りが続き、天女は結局夫婦の家に行き10年以上も一緒に暮らします。天女は酒造りがうまかったので、夫婦の家は豊かになりました。なのに夫婦は、天女に対し、お前は自分の子ではないので出ていけと言い放ちます。全く身勝手で酷い老夫婦ですね。

天女は泣きながら比治の里の荒塩の村(峰山町久次)、哭木の村(峰山町内記)に至り、最後に奈具の村(竹野郡弥栄町舟木)に至って、心が安らかになったと言いこの村に留まりました。奈具の社の項の終わりには、これが竹野の郡の奈具の社に坐す豐宇賀能賣命(とようかのめのみこと)なり、と書かれています。上記から天女=豐宇賀能賣命(豊受大神とは微妙に異なる名前)となります。海部氏は大化4年(648年)に豊受大神を(比治の里から)勧請し、真名井神社における祭祀を始めました。和奈佐夫婦が海部氏であれば、うまく真名井神社の創建に繋がってくるとは思えませんか?

他の例としては、川上の庄全域を押さえていた川上麻須の娘が丹波道主命(彦坐王)の妃となり、比治の里まで行っているのも、海部氏が同行した傍証になりそうです。まあ、そんな仮説・推測の積み重ねばかりでは、なかなか納得できる話にはなりません。と言うことで、和奈佐夫婦が海部氏であることを証明する史料がないか探してみましょう。

「出雲国風土記」の船岡山の項には以下の記述がありました。

郡役所の東北一里一百歩にある。阿波枳閇委奈佐比古命(あわきへわなさひこのみこと)が曳いて来て据えた船が、すなわちこの山である。だから船岡山という。

阿波が地名を表すとすれば場所が飛び過ぎですが、一応阿波について調べてみます。「風土記逸文」の阿波国の最初に奈佐の浦の項があり、「奈佐というわけは、その浦の波の音は止む時もない。それで奈佐という。海部(あま)は波をば奈(な)という。」と書かれていました。和奈佐と奈佐。両者には近いものがあります。しかも、海部(あま)などと言う言葉も出てきています。これは期待できそうなので、徳島での和奈佐をさらに探してみます。すると、ありました。

徳島県海部郡海陽町大里松原2には和奈佐意富曾神社(わなさおうそじんじゃ)が鎮座しています。海部郡と和奈佐は海部氏と和奈佐の関係を明確に示すものとなっています。同社の詳細は以下の玄松子さんホームページを参照ください。
http://www.genbu.net/data/awa2/wanasaohso_title.htm

谷川健一氏の「列島縦断地名逍遥」によれば、何と和奈佐夫婦の御子孫が現在も峰山町鱒留の大路地区に居られ、ご自宅の周辺は(おぼそ)と称されていたとのことです。谷川氏は、和奈佐意富曾神社(わなさおうそじんじゃ)の(おうそ)が(おぼそ)に転じたものではないかとしています。また大路(おおじ)部落は、元は大呂部落で、(おおじ)とは祖父の意味だろうと折口信夫氏が示唆されているとのこと。従って、大路(おおじ)は和奈佐老人を意味していることになります。谷川健一氏の見解は和奈佐と海部氏の関係を示したものと言えるでしょう。


「おぼそ」の辺りを示すグーグル画像。

多分ここで間違いないと思いますが…。この704号線に沿った南には天女の里や乙女神社の位置表示もあります。画像を拡大して参照ください。

丹波の海部氏が阿波に行ったのか、その逆なのか、或いは海部は漁業や海運を生業とする海人を意味し、血縁的には繋がりがなくても海部となるので、別グループの海部氏なのかは不明ですが、いずれにしても和奈佐は明確に海部氏と関係してきます。これで和奈佐夫婦は海部氏或いは海部氏の関係者と考えて間違いはなさそうです。

従って、「丹後国風土記逸文」に見られる奈具の社の長い話は、海部氏が天女(豊受大神を祭祀する巫女の一人、=八乎止女の一人)を取り込んで、その祭祀を自分たちのものとしたことを意味していると了解されます。

そう考えれば、大化4年(648年)に海部氏が比治の里における豊受大神を天橋立の北側に勧請し、真名井神社を創建した話とうまく接続していくのです。(注:上記で天女は豊受大神を祭祀する巫女の一人と仮に書いていますが、実際には異なります。この部分は実にややこしいので後でまとめて書く予定です)

以上で、藤社神社は丹波道主命に率いられて比治の里に入った海部氏が関係する神社となり、伊勢神宮外宮の元伊勢にはならないと確認できました。海部氏が豊受大神を藤社神社から籠神社奥宮の真名井神社鎮座地に勧請したとすれば、藤社神社は元伊勢ならぬ元真名井としての位置付けを得ることになります。

話は突然変わります。「丹後舊事記」には笠縫団太郎などと言う人物の名前が出てきます。彼は室町時代末期の枡富城主らしいのですが、天照大神が笠縫邑から比治の里に遷座したことと関係があるのでしょうか?偶然の話にしては出来過ぎているような気もしますが…。この城に関しては以下を参照ください。
http://ktaku.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-4bae.html

鱒留川の南側、すなわち磯砂山側は海部氏が関係すると確認できたので、次回も磯砂山側で海部氏に関係する笛原寺を訪問します。

           尾張氏の謎を解く その75に続く
スポンサーサイト



プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる