FC2ブログ

御在所岳 その2

未分類
08 /22 2015

尾張氏の謎解き丹波編で元伊勢与佐宮に関してあれこれ検討してきました。御在所岳も山の名前やその位置関係からして、天照大神の元伊勢的な場所、或いは天武天皇に関係する場所ではないかと思えてきます。

そこで調べてみると、思った通りでした。垂仁天皇の皇女・倭姫命が天照大神(八咫鏡)を奉じて各地を流浪し、桑名の野代から亀山方面へと移動する途中、菰野近辺に仮宮(御在所)を設営されたことにちなみ、そこから眺望される山の名前が御在所岳となったそうです。天照大神には秦氏の関与が見られるケースも結構多いのですが、菰野においても秦氏の影が濃く、概略は以前に書いています。

IMG_0039_convert_20150822041654.jpg
御在所岳から流れる川。下流では三滝川となります。

IMG_0040_convert_20150822041742.jpg
もう一枚。

花崗岩帯を流れるせいか泥や不純物が少なく清冽な水となっています。清流を吹き抜ける風が暑さを忘れさせます。しばし川を眺めていると、ごろごろした巨岩の間で何やら動くものが…。

IMG_0042_convert_20150822041836.jpg
鹿さんです。

水を飲みに来たのでしょうか?鹿さんの背後の花崗岩は人工的に積み上げたもののようです。

IMG_0050_convert_20150822041914.jpg
もう一枚。岩に隠れ全身が映りません。

IMG_0053_convert_20150822042018.jpg
こちらを向いてほしいのですが…。

IMG_0054_convert_20150822042100.jpg
何とかこちらを向いた姿で、ほぼ全身を撮影できました。


スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!