FC2ブログ

御在所岳 その6

未分類
08 /27 2015

帰りはリフトを使わずロープウェイ乗り場まで歩きました。多少アップダウンのある公園を歩いているような感じで、山歩きと言えるようなものではありません。お気軽に歩いていると、なだらかな山容を持ち、花崗岩がごろごろしている山が見えてきました。

IMG_0091_convert_20150826122114.jpg
花崗岩の山。

IMG_0092_convert_20150826122155.jpg
ズームします。

すぐにロープウェイ乗り場に到着。ロープウェイに乗り下っていくと、霧の中に大黒岩が見えています。

IMG_0093_convert_20150826122233.jpg
大黒岩。

もう登山者はいないようです。などと言うのは甘い考えでした。

IMG_0095_convert_20150826122302.jpg
大黒岩。別の登山者がいます。

IMG_0096_convert_20150826122329.jpg
もう一枚。人はいないものとして見るしかなさそうです。

IMG_0097_convert_20150826122409.jpg
霧に霞んでいい雰囲気となっています。

ロープウェイを下りて湯の山温泉に向かいます。日帰りでいい旅館があればと思い目を付けたのが、湯元グリーンホテル。建物はありきたりの洋風ですが、温泉はなかなかのものでした。

IMG_0101_convert_20150826122506.jpg
休憩所。お風呂の撮影はできないので写真はありません。

温泉の写真や詳細は以下のホームページを参照ください。
http://www.green-hotel.jp/category02/

温泉を楽しんだ後はホテル内で昼食を済ませ、アクアイグニスに立ち寄ります。辻口シェフのコンフィチュールアッシュで生トリュフを買うためです。店に入ると、NHKの朝ドラ「まれ」の大きなポスターが壁に貼られていました。生トリュフを買う前に、シェフの代表作とされるセラヴィ(人生と言う意味)を店内でイートインしてみます。ふわふわした食感が面白いとは思いましたが、個人的には以前渋谷にあったオリジーヌカカオのケーキのほうが好みです。

短い時間内にあれこれ詰め込んだプチ旅行を終え、高速をゆっくり走行しながら帰路につきました。
スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!