FC2ブログ

尾張氏の謎を解く その100


尾張氏の謎を探索する旅も遂に100回を数えるに至りました。ここまで書いても尾張氏はいまだ姿を見せず、いつになったら終われるのか目途は立っていません。当面は、ただひたすら続けていくしかなさそうです。今回は前回の検討に続いて、実際に孝霊神社と法楽寺を見に行きましょう。

074_convert_20151006142142.jpg
孝霊神社の鳥居です。

069_convert_20151006142251.jpg
拝殿。

070_convert_20151006142336.jpg
解説板。 

画像サイズを大きくしています。明治になって法楽寺境内から現在地に遷座したとのことです。

072_convert_20151006142434.jpg
本殿。

孝霊神社を出て法楽寺に向かいます。一帯は実に豪壮なお宅が多くあります。

082_convert_20151006142529.jpg
法楽寺本堂です。建物はこれだけしかありません。

083_convert_20151006142623.jpg
もう一枚。

084_convert_20151006142715.jpg
境内図。

画像サイズを大きくしています。かつては広大な境内だったようです。境内図から孝霊神社の位置がわかり、黒田大塚古墳も境内の中となります。

080_convert_20151006142802.jpg
解説板。

当寺は孝霊天皇黒田廬戸宮跡に建立され、聖徳太子の開基とされています。お寺のすぐ近くを筋違道(太子道)が走っていることから、秦楽寺同様聖徳太子が関係してくると理解されます。

075_convert_20151006142846.jpg
筋違道に面した豪壮な民家。筋違道は斜行していますが、一部分が残存しています。

筋違道は以下のPDFファイルを参照ください。
http://www3.pref.nara.jp/miryoku/aruku/secure/2308/map.pdf

筋違道の全体像がこの数枚の地図で理解できます。二枚目の地図に孝霊神社がありその脇から宮古へと斜行している道が筋違道となり、聖徳太子がこの道を通り斑鳩へ通ったとされています。それほど古い道の痕跡が今も残っているとは驚きです。既に書いたように、宮古は都で孝霊天皇の都を意味しています。

童話の桃太郎は法楽寺一帯が発祥とされているようです。

081_convert_20151006142934.jpg
桃太郎伝説発祥の地の解説板。画像サイズを大きくしています。

孝霊天皇の皇子である吉備津彦命はよく知られているように、桃太郎伝説の原型となった人物で、黒田廬戸宮にて生誕したとされることから、ここが伝説発祥地となりました。ただ、解説板の中に一点注意すべき内容があります。それは、田原本町には、川上から男子が流れてきて神様になったという伝説云々、の部分です。この伝説はもちろん秦河勝のものです。

ところで、桃太郎伝説と鬼の関係を「その28」で以下のように書いています。

「庭訓徃來」と「風姿花伝」に描かれる秦河勝の生涯は実に伝説的だと理解されます。童子の秦河勝が川を流れ下った壺から出てきたのは桃太郎伝説の原型で、山梨県の大月にも桃太郎伝説が存在する点を「富士山麓の秦氏 その32」にて書いています。

ただ秦河勝の場合は出生譚のみで鬼退治の部分がありません。大生部多を富士川で討った部分が鬼退治に当たるのかとも思いましたが、内容が明確に書かれているため鬼退治に当てるには無理があります。

鬼退治は、孝霊天皇の皇子である吉備津彦命(きびつひこのみこと)が鬼ノ城に立てこもった温羅を討伐する話が原型となっています。つまり、桃太郎伝説とは上記の二つの話が合体したものとなるのです。どんな回路を通して合体したのか、奈良県内を動き回るうちに何となく見えてきましたが、それはまた後の回のお楽しみとしておきます。


秦楽寺の検討の中で、秦河勝が川上から壺に入って流れてきた話は桃太郎伝説の原型だが、鬼退治の部分がなく、吉備津彦命は鬼退治の話はあるものの、川上から流れてきた話はない点を指摘しました。そう、桃太郎伝説はこの両方を合体させた結果成立したのです。その成立には黒田と秦庄を結ぶ筋違道があったのでしょう。

黒田と秦庄の住民が交流しあれこれ話をしている中で、黒田の住民がこっちには鬼退治の話があると自慢し、秦庄の住民がいやいやおいらのところだって、川上から壺が流れてきて中にいた童子が神様になった話があるなどと言い返し、じゃあ二つの話を一緒にしたらもっと面白いとなって、桃太郎伝説ができたのかもしれません。ところで、桃太郎伝説は愛知県の犬山市にも存在しています。どこかで吉備津彦命や彦坐王と連結する回路があるのかも…。

086_convert_20151006143019.jpg
黒田大塚古墳です。

088_convert_20151006143105.jpg
古墳から見下ろします。ここにも豪邸が…。

089_convert_20151006143148.jpg
解説板。画像サイズを大きくしています。

この古墳は孝霊天皇の殯(もがり、仮の安置所)の墓との説もあるようです。話が随分それてしまったので次回は元に戻します。

            尾張氏の謎を解く その101に続く
スポンサーサイト



プロフィール

酔石亭主

Author:酔石亭主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる