FC2ブログ

富士川石

水石
04 /02 2016

前回まで土岐石展の紹介が続きました。今回はその流れを受ける形で、水石をアップします。

IMG_2936_convert_20160401104808.jpg
富士川石です。左右、高さともに約19㎝、奥行き10㎝でずっしり重い。

硬質のジャクレ石で地元において虎渓石と呼ばれているものだろうと思います。虎渓石は底切りが多いように見受けられますが、この石の場合は自然石のままです。ただ石表面は水ペーパーで軽く磨いているようです。

IMG_2938_convert_20160401104849.jpg
拡大画像。

鼈甲のような石肌が魅力です。水石に油を塗ったり磨いたりするのは好きではありませんが、この石に限っては磨きも悪くないように思えます。この石は元々、右手側面を下にして台座を付けた状態になっていましたが、台座と石がうまくマッチしておらず、水盤に据えてみても、山水景がないため見られません。そこで、黒水晶のミニ座布団を下に敷いたところうまく納まりました。

一般の水石のように石を通して山水の景情を観照できなかったので、苦肉の策としてミニ座布団の上に置いた訳ですが、石そのものの質感を愛でるにはこれも悪くないと見直しました。ミニ座布団に置いた石の質感や肌を楽しんでいると、家宝の置物のようにも感じられてきます。

IMG_2941_convert_20160401104926.jpg
右手側から撮影。この平らな面が底面になり台座が付いていました。

IMG_2934_convert_20160401105006.jpg
左手側から撮影。

IMG_2954_convert_20160401105043.jpg
底面です。

底面の左側は筋状のジャクレとなっています。佐治川石でこのような形状をよく見ます。
スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!