FC2ブログ

近江探訪 その49

近江探訪
11 /28 2016

前回は本殿の建物までをざっと見てきました。境内のほかの場所に行こうと思いましたが、本殿の右手背後に何か見えています。

DSCN1976_convert_20161127081310.jpg
本殿の右手背後。 

DSCN1978_convert_20161127081422.jpg
ごく小さな池がありました。

DSCN1977_convert_20161127081526.jpg
解説板。鏡池というそうで、長命寺松ヶ崎に通じているとのこと。

DSCN1979_convert_20161128063002.jpg
鏡岩、屏風岩。崖の岩盤的なもので磐座とは言い難いようですが…。

本殿に向かって右手には幾つかの境内社が鎮座する小道があります。

DSCN1989_convert_20161127081625.jpg
大島神社。

DSCN1990_convert_20161127081719.jpg
接近してもう一枚。

DSCN1982_convert_20161127081756.jpg
解説板。

祭神は大国主命と大鷦鷯尊(おほさざきのみこと、仁徳天皇)となっています。「境内中第一の社で、八幡宮勧請以前の地主神と伝え、徳川時代までは大嶋大明神又は雨宮といい、」とあります。この解説を見る限りでは、991年に宇佐八幡宮が勧請される以前から大嶋大明神が鎮座していたことになりそうです。大嶋大明神は非常に重要と思われますので、後で際しく検討する必要があるでしょう。記載された二柱の祭神(大国主命と大鷦鷯尊)は地主神とは言えないので、後で変えられたものと思われます。

あれこれ疑問もありますが、詳細の検討は次回からとします。
スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!