FC2ブログ

近江探訪 その56

近江探訪
12 /27 2016

安土城跡へと続く広い石段(大手道)を登っていると何かが目に留まりました。

DSCN2095_convert_20161227081920.jpg
何と石仏が石段として埋め込まれています。

この石仏はそれほどはっきり見えませんが、明らかに仏の姿が認められるものもありました。既存の権威や価値観の破壊者たる信長の面目躍如と言ったところでしょうか?でも、仏罰が当たったのか、安土城は10年も経ずして廃城になってしまいました。もちろん、石仏までも石材として使えと信長が指示したかどうかはわかりません。工事を急ぐあまり現場監督が何でも持ってこいと言ったのかも…。

DSCN2096_convert_20161227082024.jpg
曲がりくねった石段を登り続けます。

DSCN2097_convert_20161227082121.jpg
どんどん登ります。

安土山は標高が198mで、比高は108mとされているようです。100m強の高さまで延々と石段や石垣を築くのは大変な労力と思われます。建設機械などない戦国時代にどうやって造ったのでしょうね。

DSCN2099_convert_20161227082322.jpg
石段の先に石垣。適当に写真を撮っただけなので、どのあたりなのかよくわかりません。

DSCN2098_convert_20161227082225.jpg
さらに登り続けます。そろそろ山頂が近いようです。

DSCN2100_convert_20161227082417.jpg
門があったような遺構となっています。

DSCN2101_convert_20161227084856.jpg
解説板。画像サイズを大きくしています。

安土城中枢部への主要な入口の一つである黒金門跡とのこと。詳細は解説板を参照ください。
スポンサーサイト



酔石亭主

FC2ブログへようこそ!